2017年4月 3日 (月)

パンダセレクタ・・・

Img_6105

はじめましての、フィアットパンダセレクタが、シフト不良で
入庫しました。

シフトノブをバックの位置にしても、インジケーターが点灯
せず、バックにも動かない・・・。Dレンジにしてもインジケーター
が点いたり消えたりと、何かと調子が悪いみたいです。

どうもシフトノブの下のセレクタースイッチが接触不良してる
みたいですね。状況を確認したのち

Img_6106

Img_6108

センターコンソールを外して、セレクタースイッチを外し

Img_6110

分解して確認してみると、一部の基盤が浮いてしまって
接触不良をおこしていたみたいです。

基盤を修正、清掃、グリス塗布ののち、組み付け直して
作動確認して作業完了です。

次は、キャンバストップの交換ですねshine 

ご注文お待ちしておりますhappy01

|

2017年3月28日 (火)

1007・C3

Img_6067

こちらのプジョー1007は車検でお預かりしていました。

中古で最近手に入れたみたいで、以前の履歴が解からな
かったので、タイミングベルト関係は交換しましょうsign01と、話
が決まり、作業に入りました・・・

Img_6065

ちょうどウォーターポンプが水漏れしかけていたので、ちょうど
良いタイミングだったと思います。

Img_6058

代わってこちらのシトロエンC3は、前後のブレーキパットを
低ダストタイプのパットに交換と・・・

冷間時の1速から2速にシフトアップする時のシフトショックが
大きすぎるとの事だったので・・・

Img_6051

いつものEVMバルブの交換と、バルブボディーのオーバー
ホールをしてみました。

これで調子が良くなると良いですねhappy01

|

2017年3月25日 (土)

C4ピカソ・ムルティプラ

入庫日は若干違いますが、同じオーナーさんの車両2台
入庫していました。

Img_6029

こちらのC4ピカソは、リヤの車高が上がらなくなったと入庫
しました。

Img_6026

よくあるリヤのエアーサスペンションからのエアー漏れの様です。
ベローズと言われるパーツの交換しました。

以前に交換した時は、パーツ値が半値ぐらいだったと思いますが
27000弱に値上がりしていました。年数が経ってきて、パーツ交換が
増えてくるので、逆に下がっても良いような気がしますが・・・

Img_5989

代わってこちらのフィアットムルティプラは雨漏れの点検と
リヤブレーキの調整不良で入庫です。

Img_5981

リヤブレーキの不良は、肝心な画像がどこかに行方不明ですが、
自動アジャスターの一部劣化折損?劣化?しちゃってました。

本来だとブレーキの遊びを自動的に少なくする方向に調整する
ハズなのに遊びがどんどん大きくなって、ブレーキペダルの
踏み代が深くなってサイドブレーキも効かなくなってしまっていました。

これはパーツを交換するしか無さそうですが、国内欠品中down

取りあえず加工して、組み付け直しておきました。

雨漏れは、ダブルサンルーフのフロント側より・・・

Img_5988

雨漏れでよくあるのは、ルーフアンテナのベース部分の劣化
で、ルームランプ辺りから漏れてくる・・・ってのですが。
どうも違うみたいです。

Img_5987

この車両は、ちょいと左寄りのサンルーフモーター辺り
から漏れてきます。

なら、サンルーフモーターの取り付け部のシーリング辺り?
と、思いましたが、どうも違うみたいです。

通常のサンルーフだと、ドレーンホースが付いてて、Aピラー
からドレンする事が多いのですが、このタイプはドレンも
付いて居ないので、それも違いますね・・・sweat02

オーナーさんには説明させていただきましたが、根本的な
シーリングが必要かもですdowndown

|

2017年3月23日 (木)

ルーテシアⅡRS・フィアットパンダ

Img_6011

ルーテシアⅡRSを車検でお預かりしておりました。

ワンオーナー22万キロオーバーですが、なんら問題は
ありません。っていうか常に進化しております。

Img_5969

今回は車検整備とはなにも関係ありませんが、リヤのアライメント
の修正を依頼されました。

Img_5970

オーナーさん特注のテーパーシムの入れ替えで、リヤのトーインを
弱める方向に・・・。キャンバーはネガではなくプラス方向で・・・。

フロントからリヤまでフルピロ化された足回りには、この微妙な変化が
すごく効果があるみたいです。

30万キロ目指して頑張ってくださいgood

Img_6006

代わってこちらも車検でお預かりしていたフィアットパンダ・・・

Img_6007

よくある事ですが、ヘッドライトのリフレクターが外れて、光軸の
調整がまったく出来なくなっていましたdown

純正部品のメーカー供給はとうぜん終わっております・・・sweat02

中古部品もありませんでした・・・。 なので

Img_6013


レンズを割らない様に、ヒーターガンを駆使して(ホントに駆使して・・・)
分解。そして綺麗に掃除して、オーバーホールして取りつけて
無事に継続検査合格scissors

これで、また2年乗れますねhappy01

|

2017年3月20日 (月)

マフラーが落ちたベルランゴ・・・


Img_5917


マフラーが落ちたベルランゴが入庫しました。

Img_5949

落ちた原因はリヤマフラーのタイコを吊っているマフラー
バンドが錆びて切れてしまった事です。

ただ、この部分はマフラーに付いているパーツなので
入手不能??それよりも、ここが錆びて朽ち果てるって
事は、タイコ内部も腐ってるのでは?と言う事で、新品に
交換する事に・・・

ただ、このベルランゴはディーゼル車で、国内で手配出来た
マフラーはガソリン車用のみ・・・

残念ながら、入り口のパイプ径が違うので、悩みましたが、
今後の事も考えて

Img_5938

センターパイプ側の径を変更する事にしました。

Img_5947

無事に付いて、一安心ですgood

|

«トゥインゴゴルディーニ・C3