2020年2月27日 (木)

フィアットプント

Img_5704
フィアットプントスポーツがハイスパークイグニッションコイル
取り付けでお預かりしておりました。

Img_5683
通常ではハイスパークイグニションコイルの設定はありませんが
配線加工・エアークリーナーケース交換で何とか取り付け可能です。
スパークプラグも同時交換です。

Img_5682
通常では取り付け出来ない原因はコイルの大きさ・・・。こちらは
ノーマル

Img_5700
こちらがハイスパークイグニッションコイル。大きさがこれだけ
違い、厚みも違うので、ノーマルのエアークリーナーケースが
つかなくなってしまいます。

Img_5685
しかも配線の配列も違うので、全部抜いて入れ替えしなくては
なりません。なので、基本的にオススメはしておりませんが
それでもこのコイルが使ってみたいと言うことで、今回はエアークリーナー
ケースをダイレクトタイプに交換して取り付けしてみました。

Img_5697
で、いきなり出来上がり♫ なるべく出費を抑えたベストな出来上がり
だと思います。

次はハイパフォーマンスクランクプーリーですね!!

 

 

|

2020年2月26日 (水)

ルノーカングー

Img_5707
ルノーカングー1.4L 通称名コカングーをオートマ修理で
お預かり中です。

Img_5709
度重なるオートマ絡みの不調から脱却すべく、さらなる修理に入り
ました。

Img_5710
今回は中古のオートマを手に入れて、現状のオートマの部品と
良い所取り・・・。これはバルブボデーですが、これもオーバーホール
しています。

オートマを載せ替える事を決断したオーナーに漢を感じます♫

しっかりと作業させていただきますので、少々お時間下さいませ。

|

2020年2月22日 (土)

プジョー207SW・ルノークリオⅡRS

今週はプジョー207SWとルノークリオⅡRSの車検整備がありました。

Img_5706
まずはプジョー207SW

最近流行りのサーモハウジングからの冷却水漏れは昨年末に
作業済なので、軽く車検整備です。

Img_5657
フロントブレーキパットの残量が少なかったので、低ダストタイプの
パットにディスクローターもセットで交換。

Img_5659
エアコンフィルターにエアークリーナーも交換。

Img_5660
タペットカバーよりエンジンオイル漏れが酷かったので、カバーガスケット
の交換。プラグホールにもオイルが溜まっていたので、掃除がてらに
スパークプラグも交換しておきました。

Img_5662
代わって、ルノークリオⅡRS、ボディーの塗装具合から考えると
悪いところだらけかと思ってましたが、以外に普通・・・

Img_5670
年式的にリヤゲートダンパーからオイル滲みがあり、ゲートが
下がって来ちゃうので、ゲートダンパーを2本とも交換しました。

Img_5676
面倒だった作業は冷間時のVベルト鳴き。朝一番でハンドルを切ろう
ものなら、激しいベルト鳴きと、ハンドルの振動が酷かったので
フロントバンパー外して、ヘッドライト外して、コアサポートも外して

Img_5678
Vベルトキットを交換しました。このテンショナーが弱ってくると
ベルト鳴き、最悪ベルトがずれてタイミングベルトに巻き込んで
エンジンクラシュに・・・。面倒ですがセット交換が吉です。

 

|

2020年2月20日 (木)

エンジン始動不能のグランセニック

Img_5618
先週、急にエンジンが始動しなくなったと、レッカーにて
入庫していたルノーグランセニック

Img_5629
色々確認した結果、エンジンルームまで燃料が来ていなかったので
フューエルポンプ不良と判断して、リヤシートを外し、フロワーカーペット
も捲って

Img_5625
フューエルタンクユニットとご対面・・・

単品で確認してみましたが、やはりポンプが動いていなかったので

Img_5627
フューエルタンクユニットを新品に交換しました。

作業しながらよくよく考えたら先月もグランセニックのタンクユニット交換
を交換してましたね。続く時は続きますね・・・

|

2020年2月14日 (金)

プジョー1007・ルノーカングー

Img_5597
プジョー1007が運転席の電動スライドドアが動かないと、
入庫しました。

このスライドドアはスイッチ一つで開閉が出来、しかも狭い場所
でも開くので、壊れなければとっても便利なドアなんですが
一旦壊れると手動で動かない訳ではないですが、凄く力が要るし
今回の症状とは関係ありませんが、閉まりかけても閉まらず
開いてしまうという症状の時はホント困ってしまいます。

今回は電動で動かないということなので、ある程度目安は付いて
いましたが、確認の為の左右のドアの内張りを外して入れ替え
してみてチェック・・・。

Img_5594
結論はインナーハンドルの中に付いているアクチュエーター不良
でしたので、新品に交換して作業は完了です。

Img_5595
ついでに、ドアとボディー間の接点も磨いておきました。

Img_5617
代わって、こちらはエンジン不調とともに、エンジンチェックランプ
が点灯したと緊急入庫のルノーカングー

テスターで診断してみると、2番シリンダーのミスファイヤーと
出ていましたので、イグニッションコイルとスパークプラグを点検
したところイグニッションコイル不良と判断。

スパークプラグはちょうど交換時期だったので4本とも新品に
交換。イグニッションコイルはオーナーさん的には1本だけ交換
して欲しいみたいでしたが、すぐに別のコイルも駄目になる可能性が
大きいのと、気筒バランスの関係、予算の関係等を色々お話させて
いただいて・・・

Img_5360

Img_5613
ハイスパークイグニッションコイルに交換させていただきました。
純正定価は13300円→ハイスパークイグニッションコイル9800円

Img_5612
ついでに経年劣化でボロボロだったコルゲートチューブも新品に
交換しておきました。

お値打ちに高効率の点火コイルを手に入れられて良かったですね♫

 

|

«プジョー206RC・シトロエンC5ツアラー