2019年4月23日 (火)

アルファ147TS・フィアットパンダ4×4

Img_2807

アルファロメオ147TSがサイドブレーキ不良で入庫しました。

Img_2805

サイドブレーキの先端のリリースボタンが粉砕して、中身が
飛び出るみたいです。

中身が飛び出て、どこかに行ってしまうとサイドブレーキが
リリース出来なくなるので、めちゃ不便だそうです。

残念ながら、ボタンのみの供給は純正ではないので・・・
※海外でボタンのみの供給もあるみたいですが

Img_2806
サイドブレーキレバーASSYで交換しました。

ついでに、エンジンオイルの交換と、バッテリーの交換をして
作業完了です。

 

Img_2818

こちらは車検でお預かりのパンダ4×4

並行輸入の左ハンドル車なので、ヘッドライトのレンズカットが違う
為、ちょっと苦労しました。

リアフォグランプも、平成18年以降の車両で、片側しかつかない場合は
右側が点灯しなくてはいけないので、修正・・・

リアのブレーキパットが少なかったので、パッドが入荷すれば
作業完了となります。

|

2019年4月22日 (月)

ルノーアヴァンタイム・21ターボ

アヴァンタイムのウォーターポンプ交換の続きです。

Img_2790_1
色々と大変でしたが、なんとか無事に車上で作業が出来上がりました。

Img_2792

やはり水漏れは、ウォーターポンプから漏れてました。別の所じゃ
なくて良かったです。

Img_2797_1

今回取り替えた部品・・・。これで暫くは何事も無く乗れると思い
ます。

 

Img_2799

代わってこちらは12ヶ月点検で入庫のルノー21ターボ。

エンジンオイルやオイルエレメントの交換、エアコンガスの補充に

Img_2800
好評のMFAを注入しておきました。

一部部品が交換時期ですが、部品がなさげなので、宿題と
なりました。使えそうな部品が見つかったら連絡しますね。

|

2019年4月19日 (金)

ルノーアヴァンタイム

Img_2788

ルノーアヴァンタイムが冷却水漏れ修理で入庫しております。

Img_2785

リフトアップして下回りを確認してみると、タイミングベルトカバー
内から漏れてる模様です。この位置に垂れてくると言うことは
ウォーターポンプからの可能性が大です。

エンジンを掛けていないときもポタポタと垂れてきてるので
重い腰をあげて、タイミングベルトの取替作業に入ります。

なんせ、アヴァンタイムはボディーの形状上、エンジンがバルク
ヘッド内に大きく入り込んでいるので、作業が厄介なんですよね。
エンジンを降ろして作業しているショップさんもあるくらいですし・・・

けど、エンジンを降ろすとなると足回りの脱着や冷却水、エアコンガス
等、色々と必要となってくるので、出来たら降ろしたくないんです。

Img_2789

なので、まずは確実に邪魔になるワイパーリンクの取り外しから・・・

もう少々お時間くださいませ。

|

2019年4月18日 (木)

シトロエンC5ツアラー・C6

Img_2782
シトロエンC5ツアラーがドライブレコーダー取り付けで入庫です。

もちろん前後カメラタイプの取付ですね。

 Img_2771
ツアラーはリアカメラの配線はここから室内に引き込み
そのまま天井裏を通して前まで持って行きます。

Img_2778
フロントカメラは邪魔にならない様に助手席側のこの辺りに・・・
もうちょっと上が良さげですが、ワイパーの可動域から考えると
この位置が限界です。

Img_2775
以前に付いていたドライブレコーダーの配線や、GPSアンテナ付き
のタイプなので、配線にちょっと手こずりましたが無事に完了です。


Img_2793
代わって、こちらのシトロエンC6はスタッドレスから、サマータイヤに
交換で、入庫です。ずいぶん前から頼まれていましたが、ホイールは
そのままでタイヤのみハメ替えバランス取りになる為、ちょっと待ってて
いただき、ようやくの作業でした。

Img_2794
なのでサービスで、最近ラベックに導入したMFA を入れておきました。

|

2019年4月17日 (水)

ルノートゥインゴ

Img_2746
ルノートゥインゴイニシャルパリが時々エンジン始動不能修理
でお預かりしていました。

早速、専用テスターで確認してみましたが、特に異常なフォルト
は入っていません。何度か始動を試みてたら原因が解りました。

Img_2750
エンジンが始動出来ない時は、コクピット前のインジケター内の
赤いインジケーターが早く点滅を繰り返しております。

これは、イモビライザーが働いているという状態で、セルモーター
は回りますが、コンピューターがロックされているので、点火もせず
エンジンを始動させない状態なんです。

鍵を挿し直したり、イグニションキーを反転させて挿したり、ゆっくり
鍵を回すと反応する事が解ったので、イグニッションキー内のICチップ
不良と判断して、イグニッションキーを新しく作り直して作業完了です。

Img_2768
そうこう預かってる間に、車検の期日が1ヶ月を切ったので、ついでに
車検整備に入りました。

このトゥインゴですが、仕事で使っている車両なので結構距離を
乗ってます。で、ちょこちょこ整備を行っているので、大きな問題は
ありませんでしたが・・・

Img_2766
リヤブレーキのホイールシリンダーからブレーキオイル漏れが
あったので、左右のホイールシリンダーを交換しておきました。

 

|

«ランチャデルタエボⅡ