2017年7月 4日 (火)

エンジン不調2台・・・

Img_7354

エンジン不調でシトロエンC5とプジョー3008が入庫
しました。

Img_7346

C5の方は、最近じわじわと故障が増えている、フューエル
ハイプレッシャーポンプが駄目でした。
最近にもC5ツアラーのエンジン不調がポンプだった事も
ありましたね。


Img_7355

代わってこちらのプジョー3008のエンジン不調は・・・

Img_7331

イグニッションコイルが駄目でした。

上記のC5も3008も同系統のエンジンですが、たまたま
違う場所でエンジン不調でしたね。

このエンジンで後、調子が悪くなるのはサーモハウジング
関係ですかねcoldsweats01 壊れないことを祈ってますgood

|

2017年7月 3日 (月)

デルタの車検ついでに・・・

Img_7330

ちょいと前の作業になります。デルタエボⅠが車検で
お預かりする直前に、チャージ不良になり、エンジンが
掛からなくなったとの事で、長らくお預かりしておりました。

修理に長く時間が掛かったのが、チャージ不良修理の為です。

と、言うのも、去年末にもチャージ不良で修理預かりさせて
頂いて、そのときはオルタネーターのICレギュレーターの交換
で事なきを得たのですが、半年で同じ症状・・・。

エボⅠで懸念される室内のインジケーター不良の関係も
確かにありましたが、それを直しても、オルタネーターが
充電を始めませんdownオルタ本体は何も異常が無いので、
ICレギュレーターを交換すれば直るとは思いましたが
また同じ症状になるのも嫌だったので

Img_7164

今回は電装のスペシャリストにお願いして、オルタネーター
の中を分解、加工、配線取り出しをしていただき、ICレギュレーター
は形だけの、単なるブラシホルダーに・・・

Img_7184

レギュレーターはこの位置に、外付けしてもらいました。
今は無き、安心のトヨタ純正のICレギュレーターです。

Img_7258

しかも高寿命のタクシー仕様heart04 間違いないと思います。

画像は取り忘れましたが、メーター内の電圧計はあてに
ならないので、デジタルの電圧計も寄り付けましたが
ビックリするぐらい安定した電圧で、一安心ですgood

車検整備のメインはこの充電系と言っても問題ないぐらい
で、後は軽くオイル交換など・・・

あ、助手席のドアロックアクチュエーターの動きが悪く
運転席のキーシリンダーでドアロックを動かすと、延々と
ドアロックがロックアンロックを繰り返していたので

Img_7329

ドアロックアクチュエーターのみ取替えしておきました。

これで快適に開け閉め出来ますねshine もっと早く交換
しておけば良かった・・・

Img_7292

後は陸運局で検査を受けて完了ですgood

長々とお待たせして申し訳ありませんでしたcoldsweats01

|

2017年6月28日 (水)

プジョー206

Img_7325

リアウイングが目立つプジョー206を車検でお預かりして
いました。

17万キロオーバーですが、もうちょっと乗りたいとの事なので
タイミングベルト交換をお勧めさせていただきました。

Img_7311

で、ついでにオイル漏れが酷い、カムシャフトハウジング廻りの
シーリングをする事にしました。タイミングベルトを交換する時
じゃないと、なかなか作業しにくいですからね。

Img_7314

Img_7316

Img_7313

綺麗に洗浄して、古いシーリングを取って、取り付けです。

これで、後2年・・・いやいや、後6年は乗れると思いますhappy01

|

2017年6月25日 (日)

C6・アルファ145TS

Img_7236

並行のシトロエンC6が、USBBOX取り付けで入庫しました。

最近の輸入車はワールドラジオが付いている為か、ラジオの
入りが非常に悪く、Ipod等を効く為にFMトランスミッターを
使って音声を飛ばしても全然音が拾えないって事なので、
シトロエン純正のUSBBOXを手配して、取り付けをしました。

取り付けは、オーディオを一旦取り外し、オーディオ裏の
CDチェンジャー等を繋ぐ為のコネクターにUSBBOXの配線
を繋ぎます。

Img_7235

取り付けは、助手席のグローブBOX内・・・

Img_7247

こんな感じです。

後はテスターにて、CDチェンジャーを認識させればOKですgood

これで、綺麗な音で音楽が聞ける用になりましたねnote

Img_7227

代わってこちらは、久々に陸運局で朝1番に並ぶ事ができた
アルファロメオ145TSです。

車検でお預かりしておりました。

Img_7246

エアーバッグの警告灯の点灯修理と、ヒーター切り替え
ワイヤー不良の修理がメインでしたsweat02

|

2017年6月24日 (土)

エンジン不調でDS3

Img_7256

エンジンチェックランプが点灯・・・そしてエンジン不調で
DS3がレッカーにて入庫しました。

診断してみるとイグニッションコイル不良でミスファイヤが
起きてますね。

以前から、走行中3速から4速にオートマがシフトアップする時に
振動が出るって事で、オートマオイルの交換等を行っておりました
が、どうやら、イグニッションコイルが終わりかけで、その時も失火
して振動が出ていたのかもしれませんね。

Img_7238_2

この機会なのでコイルとプラグを全数交換させて
いただきましたnew

Img_7252

ついでに、以前の修理でお預かりしていた時に見つけた、
水漏れしているウオーターポンプも交換しましたscissors

Img_7255

そう言えば、タイヤの溝もありませんね。ロードノイズも
酷いので、早急に交換をお勧めしますng

PS: 後日タイヤ交換させていただきましたhappy01 
    ありがとうございますnote

|

«カングー車検