2017年6月16日 (金)

バッテリーランプ点灯のトゥインゴ・ムルティプラ

Img_7173

バッテリーランプが急に点灯したと、トゥインゴイニシャル
パリが緊急入庫しました。

納車時にバッテリーを新品に交換してあるので、大事には
いたりませんでしたが、バッテリーランプが点くって事は
ほとんどが充電していない事が多いです。

ちなみにこのトゥインゴもオルタネーターが駄目みたいで
全く充電していませんでした。

Img_7174

本来なら新品に交換が一番良いのですが、そこは大人の
事情で、中古にしておきました。

Img_7181

代わってこちらは車検で入庫のムルティプラ・・・

ちょいと前に、リヤのブレーキ廻りの交換と、リヤショック
アブソーバーを交換してあったので、今回はフロント廻り
をリフレッシュshine

Img_7182

ショックアブソーバー関係の交換と、ロワーアームの交換
です。これで当分大丈夫ですねgood

|

2017年6月15日 (木)

141系パンダが2台・・・


Img_7117


141系パンダが2台、揃って入庫しておりました。

後ろのパンダセレクタは、ドライブレンジに入っているのに
前に進まない事があったとの事。

Img_7111

現時点では現象の確認が出来ませんでしたが、今までの
経験上で行くと、シフトセレクタースイッチの接触が悪い
事が多いので

Img_7114

分解して掃除してみました。

これでも症状が変わらないと、アクセルペダルに付いている
センサー不良ってのもありますね。一度乗っていただいて
ご確認下さいませ。

代わって、前側のパンダは、ガソリンキャップが固くて動かなかった
ので、プライヤーで壊してしまったので、取替え修理と、バッテリー
の交換、ラベックオリジナルキャンバストップの交換作業です。

Img_7122

今回は一番注文の多い黒色で張替えです。

Img_7119

ホロ骨は比較的綺麗ですが、錆が無いわけでは無いので、
錆びチェンジャーを塗って錆びとめ・・・

Img_7125

ボディーも艶は引いていますが、錆びも無く綺麗です。

Img_7135

そう言えば、ホロ骨の一部ステーが欠品していたので
アルミのチャンネルで製作して取り付け・・・

Img_7154

リヤのキャッチハンガーも折れてたので、交換しておき
ましたgood

Img_7175

いつもながら、バッチリですshine

追加作業で、ワイパー不良の修理がありました。

ワイパーアームがガタガタで、動かす度に止まる位置が
代わってしまうみたいです。

Img_7169

アームとモーターの軸のスプライン部が長年の使用で
ガタガタになってしまっています。軸側も丸く減ってしまっ
ちゃってますsweat01それよりもワイパーアームの供給が無くなった?
みたいで、部品の手配も効きませんsweat02

なので、急遽軸に穴をあけて

Img_7171

タップを立てて・・・

Img_7172

ボルトで強制的に締め付けしておきました。

これでどれだけ使用できるか解かりませんが、取りあえず
完了ですgood

|

2017年6月10日 (土)

水漏れのカングー

Img_7109

個人的に一押しの小カングーが、水漏れオーバーヒート
で、入庫しました。

Img_7108

エンジンルームを確認してみると、漏れてる場所は、サーモ
スタットが入っている所のプラスチックのハウジングですね。

この場所は、この小カングーの1.4Lのエンジンは
材質の問題上良く漏れます。そしてオーバーヒートをさせたり、
オーバーヒート気味で乗ってると、ヘッドガスケットが抜けて、
ヘッドオーバーホール等、大事になりやすいですsweat01 

実際に我が家のカングーも今年シリンダーヘッドをオーバーホールしました。

お気をつけ下さいませ。

|

2017年6月 9日 (金)

エアコン不良のプジョー3008

Img_7105

エアコン不良でプジョー3008が入庫していました。

通常の使用においては特に問題が無いのですが、
外気温が極端に高くなったり、高速走行をしてエンジンの
温度が高くなると、どうも駄目みたい・・・

オーナーさんのご意向や、色々な故障事例等を確認
してみると、サーモハウジングに付いている電動スイッチ?
が駄目な可能性が高いみたいなので・・・

Img_7103

サーモハウジングの交換をしてみました。
パーツはASSYでの供給です。

ちょうど、このところ暑さが一段落して涼しくなっちゃいました
からね・・・coldsweats01

|

2017年6月 7日 (水)

メガーヌⅡカブリオレ

Img_7087

メガーヌⅡカブリオレがリヤパワーウインドウ不良で入庫
しました。

Img_7082

このカブリオレに関わらず、2ドアの車両のリヤガラス廻りの
修理はリヤシートの脱着等が入るので、作業が面倒です。

Img_7084

シートを外して、ようやく内張りの脱着が出来ます。

Img_7085


このメガーヌのリヤガラスウインドウレギュレーターの
良い所は、ASSYで取り外せるので、比較的楽ですねhappy01

とは、言っても、カブリオレ等はその後のガラスの調整が
面倒ですが・・・。

他に追加作業も承っておりました。

Img_7089

エンジンの振動が酷いみたいで、エンジンアッパーマウント
の交換と・・・

Img_7095

バッテリー下の、ミッションマウントの交換です。

両方とも、長年のエンジンとミッションの重みで、縮みまくって
いました。これで、ようやく静かなエンジンに戻りましたねnote

|

«オーバーヒートのC5