2017年3月16日 (木)

トゥインゴゴルディーニ・C3

Img_5932

車検整備でK島さんのトゥインゴゴルディーニをお預かり
しました。

Img_5738

車検整備的に問題があったのが、ブレーキパットぐらいで
後は通常の消耗品やオイル類の交換で、検査も無事に
合格ok

車検整備とは関係ありませんが、今回は作業ついでに
バイクの乗り換えの際に外した、V-up16と、レデューサー
の取りつけをしました。

Img_5924

V-up16はイグニッションコイルのプラス電源側に取りつけ
です。キーONで12Vの電源が来ないのでちょいと悩み
ましたが、こちらの配線に割り込ませました。
通常はコイルに入る13.5V~14.5Vの電圧を16Vに
昇圧させることで、プラグに飛ぶ火花を強くする事が出来
ますね。

Img_5929

Img_5930

レデューサーの取り付けにはワイパーアームを外して、
カウルトップを外さないと、インテークサージタンクが
外せないので、苦労しましたが、何とかこの位置に
ツインリードを取りつけしました。エンジンルームを
元通りにすると、見えなくなるのがちょっと寂しいですが・・・despair

Img_5926

レデューサー取りつけには、本来付いている、PCVバルブの
キャンセルが必要になりますが、このエンジンはサージタンクの
裏の・・・

Img_5925

この穴がPCVバルブになります。

穴をちょいと広げ、M3のタップを立てて、芋ネジを取りつけして
キャンセル完了です。

Img_5918

こちらは、ご近所さんのシトロエンC3です。

こちらも車検整備でお預かりしました。

|

2017年3月14日 (火)

車検整備でルノーカングー

Img_5891

車検整備でカングーをお預かりしました。

Img_5760

ヘッドライトが曇って来たからと、オーナーさんが新しい
ヘッドライトを持ってきたので、入れ替えしました。

Img_5759_2

へッドライトが綺麗になると一気に車格が上りますよねshine

Img_5879

タイミングを気にされていたので、チェックしましたが、今回は
なんとか大丈夫そうです。ただ、次回の車検時には交換しま
しょうねwrench

Img_5874

ドライブシャフトのアウターブーツが破れていたので、ドライブ
シャフトを外して

Img_5872

ブーツの交換をしておきました。残念ながら純正はブーツ
のみの供給が無いので、社外品のブーツをつかいました。

後はエンジンルームの点検&掃除・・・。エアコンフィルター
の交換で作業完了です。

|

2017年3月12日 (日)

ハブボルト折損・・・メガーヌワゴンGT220

Img_5831

スタッドレスからサマータイヤに交換している時に、ハブボルト
が折れちゃったと、メガーヌワゴンGT220が入庫しました。

オーナーさんは古くからモータースポーツをこよなく愛する方で
タイヤ交換にも慣れていて、取り付けにもちゃんとトルクレンチを
使って作業していたとの事なので、作業上のトラブルは考えられ
ません。実際にトルク値も伺いましたが、全然問題ないと思います。

同じメガーヌでもRSはハブボルトの径が14ミリと太いので、折れる
なんて事は聞いた事がありませんが、何故かこのGT220は通常の
車両と同じ12ミリなんです。だからと言って簡単に折れては困りますが
たまたまの金属疲労による折損だと思われます。

Img_5829

たまたま折れた位置がディスク面より内側だったので、キャリパーの
脱着。ディスクローターの脱着をしての作業。

変にねじ込んだ訳では無かったので、比較的簡単に外す事が出来ました。

念のためすべてのネジ穴にタップだけ通して、作業完了ですnote

|

2017年3月11日 (土)

メガーヌⅢRSのブレーキ廻り交換・プジョー106S16

Img_5771

サーキットの走行を楽しんでいるメガーヌⅢRSがブレーキ
廻りの強化で車両をお預かりしていました。

Img_5773

ブレーキパットは前後とも、高評価のエンドレス製MX72
をチョイス。ブレーキオイルもMOTUL製5.1に入れ替え

Img_5816

サーキット走行でクラッチが焼けかけるとエアーを噛み
ペダルの踏み応えが代わってしまうことが多いメガーヌ
ⅢRSなので、クラッチのオイルも一緒に交換しておきました。

ブレーキディスクローターも当初は新品交換の予定でしたが
新品に交換して、すぐにサーキットを走ったりすると一気に
熱が入って歪む事があるので、今回はあえて新品に交換
せず、前後ともローター研磨にしました。

サーキット走行楽しんでくださいねnote

Img_5817

代わってこちらのプジョー106S16は昨年6月にご購入
いただいた車両です。多走行の車両で、思ってた以上に
壊れずにホッとしていましたが、エンジン始動不能で
レッカーにて入庫しました。

始動不能の原因はセルモーターの飛び込み不良・・・
残念ながらセルモーターも消耗品です。新品に交換
させていただきましたcoldsweats01

|

2017年3月 9日 (木)

シトロエンC4・DS3・C6


Img_5749


ちょいと前に12ヶ月点検をしたときにブレーキパットの
残量が少なかったシトロエンC4のブレーキパットが入荷
したみたいで、再び作業でお預かりしました。

Img_5750

前後とも、持込の低ダストタイプのブレーキパットに
交換しました。

Img_5757

エンジンオイル漏れは、タペットカバー付近から・・・

Img_5761

なので、タペットカバーのパッキンを交換しました。

Img_5740

代わってこちらのシトロエンDS3はエンジンオイルの交換
でお預かりしていました。

Img_5769

こちらのC6は、長距離前の各部点検でお預かりです。

何度か、エンジンオイル漏れで入庫していますが、今回も
若干のオイル漏れが確認出来ましたが、近々車検があり
ますので、その際にタイミングベルトの交換ついでに直そう
かと思っております。

今回はエンジンオイルの交換と・・・

Img_5770

前後のタイヤ交換で作業完了です。

|

«ブロワーモーター回らずのカングー