2019年5月13日 (月)

シトロエン2CV

Img_2934

シトロエン2CVを予備検整備でお預かりしております。

しばらく動かしていなかった個体なので、点火系、燃料系
をリフレッシュします。

Img_2881
キャブレターは真っ黒だったので、取り外しして

Img_2886
オーバーホールキットを使って組み直し。

Img_2876
点火系はポイント点火から、メンテナンスフリーの123イグニッション
に変更です。

Img_2945
イグニションコイルもプラグコード、スパークプラグも新品に交換です。

Img_2943
バッテリーも新品に交換なので、ついでにターミナル端子・各配線
も新品に交換しました。バッテリーの手前に付いている充電系の
レギュレーターもICタイプの新品に交換しました。

Img_2927
排気漏れを起こしていたセンターマフラー。前後のパイプが固着
してたら取替が大変だな・・・と思いましたが、

Img_2946
ガスバーナーで炙りながら頑張って外し、こちらも新品に交換。

エンジンオイルやミッションオイルも交換して、エンジンルームの
作業はほぼ終了したので、エンジンを掛けてキャブレターの調整
に入りましたが、セルモーターを何度も回しましたが、エンジンが
掛かる気配がありません。

Img_2889
点火系の取り付けを何度も見直したり、圧縮を確認したり、燃料
ポンプが動いているか確認しますが、どこも問題は無さそう・・・

Img_2924

Img_2922
この機会なので、ついでの燃料タンクも降ろしてガソリンタンクの
中の状況を確認しつつ

Img_2926
亀裂が入ってエンジンが掛からなくなる原因の燃料ホースも
折角なので新品に交換し、元通りに組み付け直して、新しい
ガソリンを入れたら、あっけなくエンジンが掛かりました。

・・・どうも、ガソリンが死んでたみたいです。良かった良かった。

あと少し作業完了です。

 

|

2019年5月10日 (金)

ムルティプラ×2

Img_2920
珍しくムルティプラ2台、しかも同じ色・・・が入庫しております。

1台は車検整備でお預かりです。昨日のルノーに
引き続き、このムルティプラも2台とも燃料ポンプ
回りにトラブルを抱えております。

まずは車検整備のムルティプラから作業に入ります。

ちょっと前にエンジンオイルの交換で入庫した時に、一通り
チェックしてあり必要なパーツを入手済みだったので、サクサクと
作業に入ります。

Img_2935

ラジエターのリザーブタンクはリターンホースの取付け部に
亀裂が入っていたため交換。

Img_2903

左のドライブシャフトブーツインナー側は車検時には切れてる
車両がほとんどですね。定期交換部品です。

取替にはミッションも抜けてしまうので、ミッションオイルは交換
しました。

一つ予定外だったのは、右ドライブシャフトのアウター側がブーツバンド
付近で切れてました。なので、こちらは急遽パーツを取り寄せて交換
しました。

ブレーキを強く踏み込むと異音がするとの事で、ブレーキ周りを確認
してみると、

Img_2908
パットとディスクローターの間に何か挟み込んだ形跡があるのを発見!

Img_2914
パットの残量も少なかったので、パットを新品に交換。ディスクローター
は外注さんで研磨して貰って組み付けました。
※折角なので、低ダストタイプのパットに交換しました。

あとはハイストップのバルブ交換をしたら一通りの作業完了です。

追加作業で、ガソリンを満タンにするとガソリンが漏れて臭いみたい
なので、

Img_2893
燃料タンクユニット付近を点検。ガソリンは2/3ぐらいなので
今は漏れてません。

Img_2907

ガソリンを満タンにしてしばらくすると、観察していると、ジワジワと
タンクユニットのリテーナーナット付近から漏れてきました。

Img_2916
なので、0リングを新品にしてリテーナーナットを増し締めして
ガソリンが漏れて来ない事を確認して、車検整備はすべて完了
です。

 

代わってもう一台のムルティプラは、走行中にガソリン臭いで
修理です。こちらは満タン時に限らず、エンジンが掛かっていると
ガソリン臭いので、ある程度予想はついております。

Img_2909
案の定、エンジンを掛けると、タンクユニット上部からガソリンが
ジワジワと漏れてきます。こちらはタンクユニット自体のプラスチック
部分に亀裂が入っている為です。対処方法はタンクユニットを
新品に交換するしありませんが、あいにくパーツが国内在庫無し・・・

Img_2936

なので、苦肉の策で、以前にポンプモーター不良で新品に交換
したパーツの残骸を引きずりだして、ニコイチに組み付け。

こちらも0リングのみ新品に交換して組み付け、無事にエンジンが
掛かり、ガソリン漏れが無いことを確認して作業完了です。

 

 

 

|

2019年5月 8日 (水)

ルノールーテシア2RS

長いゴールデンウイーク開けの令和初の投稿になります。

ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか!?

お仕事の方もいらしたと思いますが、充実した休みを満喫
出来ましたか?

長い休みだったので、車両トラブルが沢山あるかと思いきや
以外に少なかったですが、それでも数台連絡がありましたね。

Img_2915

ルノールーテシア2RSは遠方にお出かけの際に急にエンジンが
掛からなくなったみたいで、レッカーで入庫しました。

今年の春に車検整備を行った車両なので、なぜエンジンが掛からなく
なったのか、申し訳ない気持ちになりましたが、原因を色々調べてみると
燃料が来ていないことが発覚・・・

Img_2911

燃料タンクユニットまでの配線を確認してみましたが、電気は問題なし
なので、燃料ポンプモーター不良ですね。この車両は25万キロオーバーで
いままでポンプ交換の履歴は無いので、いままで良く動いていたと褒める
べきでしょうね。(出先で止まったのは残念ですが・・・)

Img_2912
新品のタンクユニットと、新品のリテーナー&0リング

上記を交換後、エンジンの始動確認と、ガソリンを満タンにして
ガソリン漏れが無いことを確認して作業完了です。

 

|

2019年4月27日 (土)

プジョー106S16・ルノーカングー

Img_2850
プジョー106S16が足回りの交換で入庫しました。

ちょっと動かしたらビックリするぐらい、Fショックが抜け抜け・・・

Img_2851

オーナーさん持ち込みのパーツに交換するために車両から外して
みると

Img_2852
やはり、ショックオイルが抜けてました。

106系のフロントショックは中身のみのカートリッジタイプです
ので、古いショックを抜こうとトップリングナットを緩めたかった
んですが、長年の錆と汚れで動く気配無し、酸素バーナーで
炙っても緩まなかったので

Img_2854
ハンドグラインダーで切開して取り外して交換しました。

画像はありませんが、リヤのショックも同じく、取り付けナット&
ボルトが錆と汚れで大変な事になってましたー。

 

Img_2875

代わってこちらのカングーはゴールデンウィークの休み直前に
水漏れオーバーヒートで入庫のルノーコカングー。

こんな直前で水漏れ・・・なんて、部品が無かったらどうしましょう・・・
でしたが、

Img_2872
ボンネットを開けて、水漏れ確認してみると

Img_2870
サーモハウジングから劣化で水漏れがひと目で解りました。

Img_2873
部品もなんとかなったので、サーモスタットとともに交換して
無事ゴールデンウィークに乗れる事になりました。

ゴールデンウィーク前の作業が取り敢えずこの2台で終了しました。
エンジンが掛からない車両やエンジン不調が数台ありますが、
残念ながらそちらは令和になってからの作業になっちゃいました。

今回は休みが長いので、何かトラブルがあると大変ですが、
JAFさんや保険のレッカーサービスをご利用いただき、
休み明けに入庫していただける様、よろしくお願いします。

休み明けは5月7日より営業開始です。

|

2019年4月26日 (金)

フィアットパンダ

Img_2840
フィアットパンダをミッションオイルの交換とディアロジックオイル
の交換でお預かりしました。

Img_2841

定期的にオイル交換をされてる車両で、今回は2回目のディアロジック
オイルの交換です。前回の交換から約2万キロですが、すでに汚れて
ますね。

Img_2842

ラベックではディアロジックオイルはLubross製を使用しております。

2万キロぐらいでの交換がオススメですね。

 

|

«エアコン不良のC3・車検整備のC3プルリエル