2019年2月22日 (金)

ハイドロ漏れでシトロエンC6



ハイドロオイル漏れでシトロエンC6を、お預かりしております。


何箇所がオイル漏れがありますが、まずは漏れが酷い、右ストラットに入る高圧ホースと、右フェンダー内のハイドロポンプ廻りのホースとパイプを交換します。


右インナーフェンダー内に付いているアキュームプロックを取り外しての作業です。


今回の交換したホース類です。今回は右ストラット分だけでしたが、それでも面倒な作業でした。
左ストラット用のホース交換はどうやって交換するんだろう??v6ディーゼルターボなので、エンジンルームがぎっしりなんですけど…

追加修理で、ヒーターの効きが不良がありました。

水温は問題ありませんが、ヒーターに行くホースがどうも暖かくなりません。以前にC4でヒーターコアの詰まりが、原因で効かなかった事例がありましたが、まずはサーモスタットの交換から…と、思いましたが、国内在庫無しです。


なので、さらに基本の冷却系の点検がてらに、LLCの交換をLLCチェンジャーを使って行ってみました。

不具合の原因になりそうなパーツは発注しておきますね。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

12ヶ月点検のシトロエンC5ツアラー



12ヶ月点検で、シトロエンC5ツアラーを、お預かりしておりました。


エンジンオイルの交換にエレメントの交換。オートマオイルも交換しました。


で、この車両も最近ラベックでホットな、前後カメラのドラレコを取り付けを行いました。


フロントカメラはルームミラーの死角に取り付けです。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

車検整備でプジョー207、シトロエンC4ピカソ

車検整備でプジョー207とシトロエンc4ピカソをお預かりしております。




プジョー207は初めてのお預かりの車両ですが、距離も少なく、通常整備のオイル類の交換で済みました。

今度はヘッドライトのクリーニングですね。



こちらのシトロエンc4ピカソは昨年末に補機ベルト切れの修理の際に、ベルト廻りやウォーターポンプの交換、エンジンオイルの交換等を行って、その後の走行距離が少ないので、特に問題は、無さそうです。


ただ、別依頼で、運転席のAピラー辺りから雨漏れがあるとの事で、こちらの修理も行います。


まずはAピラーの内張りのカバーを外して…と作業に入ったら


いきなり、ナットがポロリと落ちてきました。明らかに何処かが緩んで雨漏れの、原因になってるみたいですね。フロントガラスの接着不良かとも思ってたので、ある意味、ちょっと安心です。


確認してみたら、ルーフモールの取り付けボルトが緩んでましたので、シーリング剤を塗って、ナットを取り付けして、作業完了です。

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

ルノールーテシアⅢRS


昨日まで作業していたクリオマキシ仕様の車検整備が取り敢えず終わったので、今日はルーテシアⅢRSの作業に入りました。

来月早々に美浜サーキットでのラテンフェスタがあるので、それに向けての整備です。


今回はエンジンマウント類の強化と軽量クランクプーリーへの取り替えです。

マウント強化はパワーフレックス製を使用しました。





エンジンアッパーマウントはこんな感じになります。
ノーマルマウントの隙間を絶妙に埋めて、動きを規制します。ノーマルマウントは新品で組み込まないと効果が半減しちゃいそうです。この車両は以前に交換してたので、問題ありません。


アッパーのトルクロッドは、中身を取り出して入れ替えます。




ミッションマウントも上手く出来てます。

以前によく付けていた強化マウントはノーマルを取り外して、材質をウレタン素材に交換したり、構造自体を変えたりしてましたが、それだとエンジンの振動がリニアに伝わりすぎて、街乗りでは不快になる事がありましたが、これなら街乗りも気になりませんね🎵

続いて、SessA製の軽量アルミクランクプーリーの取り替えです。


純正はゴムダンパー内蔵で重量が半端ないし、ダンパーが劣化しちゃうと高価なんです。さらにアルミ素材で軽量する事でフリクションロスも減り、エンジン回転の吹け上がりも軽くなると、一石二鳥。

取り替えにはSSTを使用してクランクを固定してから古いプーリーを取り外し


新しいアルミプーリーをトルクレンチを使って規定トルクで取り付けします。クランクプーリーにキー溝が無いので、SSTとトルク管理は必須ですよ。


最後に、マウント交換作業ついでに、オーバークールになりやすいサーモスタットを交換。


LLCも入れ替えして作業完了です。


| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

ラベックのデモカー??



去年末からラベックの工場の片隅に置いてあるクリオマキシ仕様のルノールーテシア16V。


暖かくなってきて、そろそろ動かそうと、整備に入りました。

なんせ、車検が切れてから7年以上…

整備するにも。触れば触る程、不具合がいっぱい出てきて大変でした。

特に電気周りの不良はこの辺りの年式は当たり前でして
テールランプはまともに点きません。


配線カプラーも弱ってるし、配線もカチカチ。


秘蔵のルノー純正コネクターキットを使ってカプラーを作り直しましたが、それでもイマイチなので、基盤からハンダで配線を取り出して、直してみました。


電動ファン関係もグチャグチャでしたねー。

ドライブシャフトブーツもステアリングの、ラックブーツも交換しました。ロワーアームのボールジョイントも交換し


下回りの錆止め塗装もしておきました。

これで、車検整備は完了の予定。
冒頭のボンネットに付いてる、ライトポットは当然取り外します。

週明けの継続検査が楽しみです。

| | コメント (0)

«ドライブレコーダー取り付けのアバルト500、ルノールーテシア