2017年5月17日 (水)

エアコン効かずでプジョー106S16ラリー

Img_6937

エアコンが効かないから、エアコンガスを補充して・・・と、
プジョー106S16ラリーが入庫しました。

入庫時にベルト鳴きが酷いので、いやな予感がしましたが
やはり、ガスを入れてもエアコンは効きませんdown

Img_6935

そうです。クランクのダンパープーリーのゴムが劣化して
滑ってしまっています。なのでコンプレッサーのマグネット
クラッチが働いても、コンプレッサーが回らないから、エアコン
が効かない・・・って事です。

まだ初期の段階だったから、オルタネーターはなんとか回し
きれてた感じです。早期の段階でよかったデス。

|

2017年5月16日 (火)

C4ピカソ

Img_6932

シトロエンC4ピカソが定番のリヤのエアサス不良で入庫
しました。

Img_6916

この車両は今年の1月にもリヤサス不良で入庫して、その時は
右側のエアスプリング(ベローズといわれるパーツ)を交換した
のですが、今回は左側のベローズが劣化の為、ヒビが入って
しまってエアー漏れの為、交換しました。

Img_6918

今回はエアー漏れが酷く、ポンプがずっと回り続けて、ポンプが
オーバーヒートしてたみたいで、ポンプが回らず焦りましたが、
どうも、コンピューターで強制ロックが掛かっていたみたいで
テスターでフォルトコードを解除したら、回る様になりました。

1月に片側だけ交換して、4ヶ月後に反対側の交換ですので
やはり、片側だけ漏れてても、両方セットで交換するのが
ベストだと思いますcoldsweats01

後は、これまた定番のダッシュボード部分のグローブBOXの
蓋が熱で歪んでたので、左右とも新品に交換しておきました。

|

2017年5月13日 (土)

ワイパー不良のイプシロン

Img_6858

運転席のワイパーの動きが変・・・と、ランチャイプシロン
が入庫しました。

確認してみると、運転席のワイパーがたまに窓を通り越して
ピラーに当たったり、カウルトップに当たったりと、確かに
変です。なので、カウルトップを外して

Img_6860

ワイパーリンクを見てみると・・・

Img_6861

運転席側のリンクの付け根のプラスチックが見事に割れて
います。コレではまともに動きませんねsweat01

マル秘の方法で、折れたプラスチック部分を修理して
おきました。当分は持つハズ予定ですgood これでも
駄目なら、ワイパーリンクの交換ですね。

|

2017年5月12日 (金)

初代・2代目・パンダ

Img_6788

初代パンダ・2代目パンダが揃って入庫していました。

初代パンダは、水漏れオーバーヒート・2代目パンダは
車検でお預かりです。

走行中いきなり、プシュdashと水漏れしたみたいなので
どこかのホースでもはち切れたのかと思ってましたが
確認してみると・・・

Img_6792

ヒーターコックが見事に分解していましたsweat01
もともと接着してある所が、分解なので、運が悪いと
しか言いようがありませんね。ちなみにラベックでは
初めての症状ですが・・・

新品に交換して、難なく終了です。

Img_6828

車検の2代目パンダは3回目の車検で、距離も6万キロ
超えなので、タイミングベルトとウォーターポンプを交換
しました。

Img_6827

走行中にリヤからキュっキュっと、異音がするときがある
との事ですが、残念ながら確認出来ず・・・。

Img_6836

フロントロワーアーム先端のボールジョイントはブーツが
破れていたので、左右とも交換です。

Img_6846

Img_6848

タイヤの溝はありますが、劣化が激しくヒビが多かった
ので・・・

Img_6850

4本ともタイヤを交換しておきました。

そう言えば、このパンダは左ハンドルの並行車なので、
左ハンドルの並行車はリヤフォグランプが左側で、
バッグ灯が右側に付いているのですが、日本の法規上は
リヤフォグは左右対称または、一個だけの場合は右側
が点灯しなくてはいけない事になっています。

Img_6837

なので、左側のリヤフォグは点灯しないように、バルブを
取り外しておきました。

|

2017年5月10日 (水)

シトロエンC6・エグザンティア・DS4

休み明けはシトロエン多数から始まっております。

Img_6787

まずはシトロエンC6。お決まりのエンジン不調&チェックランプ
の点灯修理です。

Img_6782

手前の簡単な方のバンクを願っていましたが、残念ながら
奥バンクの6番シリンダー

Img_6781

折角なので、スロットルボディーも外して掃除しておきました。

Img_6813

代わって、こちらはLHMオイル漏れで入庫のエグザンティア・・・

漏れている場所によっては部品の入手が困難になってきています。
今回はハイドロポンプ回りから漏れてる模様・・・。

部品確認してみます。

Img_6806

珍しく2台揃ったDS4・・・

Img_6796

一台はエンジンオイル漏れの修理でお預かりです。確認してみると
タペットカバーのガスケットから滲んでるかなsign02ぐらいな微妙な感じ
でしたが、折角なので、ガスケット交換をしておきました。

もう一台は、エアコン効かずsweat01 1年程前にフロンガスを補充した
覚えがある車両です。何処かから間違いなく漏れてると思うんですが
漏れてる場所が特定出来ませんsweat02 少々お時間いただきます

|

«1007・カングー