2020年4月 2日 (木)

ルノーカングー・シトロエンC3

Img_6094
ルノーカングーがブレーキ踏むと異音がすると入庫しました。

取り敢えず静止状態でもブレーキを踏むと後ろからキコキコと
異音がするので

Img_6090
リヤドラムを開けてみました。13万キロで一度もリヤのブレーキ
シューを交換した履歴がなかったので・・・

Img_8674
在庫であった新品のリヤシューに交換と各部に給油をしブレーキ調整。

Img_8675
年の為にフロントパットもチェックしてみると

Img_8676
スッテンテン・・・。ブレーキを踏んだ時の異音はこちらでしたね。
パットも在庫あったので、交換して無事に終了です。

 

Img_6096
代わってこちらは、中古車新規の整備でお預かりのシトロエンC3です。

タイヤの溝はまだありましたが、年数が経って若干ヒビが入ってた
ので、新品タイヤに交換。

Img_6095
やっぱり、ミシュランが似合いますね。

Img_6085
ラジエターのリザーブタンクの水が若干少なかったので、水圧テスト
をしてみました。テスターで圧を掛けたばかりの時は、問題なさそう
でしたが、念の為に圧をかけたまま、一晩放置・・・

次の朝、確認してみたら、見事に漏れてました。

Img_6088
漏れてた場所は、定番のサーモハウジング、ほほ全滅ですね。

他にも作業が残ってますが

Img_6098
新たにシトロエンC3が車検で入庫したので、続きはまた後で・・・

 

 

 

|

2020年3月31日 (火)

ルノーカングー・プジョー208

Img_6058
ルノーカングーをリフレッシュ整備でお預かりしております。

Img_6028

Img_6027

Img_6026

Img_6034
メイン整備はタイミングベルト&クランクプーリー&補機ベルトキット
の交換です。エンジンオイルとオイルエレメントも交換しました。

これで、安心して乗れますね。

Img_6063
ついでに、ヘッドライトの上面がちょっと曇ってきたと言うことで
ヘッドライトコーティングもご依頼

Img_6066
一旦600番の耐水ペーパーを使って曇ってる部分を削り落とし
その後800番1000番1200番2000番と番手を上げながら
磨いていきます。磨き終わったら綺麗に水洗いして、その後
しっかりと乾燥、脱脂したのち

Img_6078
コーティングしていきます。

Img_6079
こんな感じに綺麗になりました。パッと見新品・・・

 

Img_6067
代わって、つい先日車検整備を行ったプジョー208。納車した
後にリヤのパワーウインドウを動かしたら、バキッと言う音と
ともにリヤガラスが落ちたみたいです。

Img_6069
残念ですが、レギュレーターのプラスチック部品が割れたみたい
です。割れたのは小さな部品ですが、モーター付きの新品
レギュレーターと交換です。

|

2020年3月30日 (月)

シトロエンC5ツアラー・フィアットプントアバルト・プジョー207SW

Img_6020
シトロエンC5ツアラーが2台入庫しております。

Img_6013
1台は車検でお預かり、もう一台はエンジンオイルの液量センサー
交換ついでに、Lubrossの点滴にて燃焼室洗浄、そしてオイル交換
です。

Img_6037
代わって、フィアットプントアバルトはタイヤ交換で入庫です。

Img_6041
付いてたタイヤは、スッテンテン・・・今日は雨降ってたけど大丈夫??

Img_6038
帰りは安心して走れますね。
タイヤはお値打ちなピレリードラゴンスポーツで・・・

Img_6061
こちらのプジョー207SWはエンジンオイル消費大で入庫。

1000キロ走行で1Lは減ってるみたい。オイル漏れは無さそう
なので、燃焼室で燃えてるのかな・・・。要観察です。

|

2020年3月27日 (金)

シトロエンC3・C4ピカソ

Img_5973
シトロエンC3を車検でお預かりしております。

Img_5967
ブレーキを踏むと音がするとの事は、ブレーキパットが減り過ぎで
ローターを削っちゃってる音ですね。

Img_5971
なので、パットとローターを交換しておきました。

Img_8620
受け入れの電気廻りのチェックの際に光らなかったリヤの
ハイストップランプは、単なる玉切れではなさそうで

Img_5964
色々配線をチェック・・・

Img_5965
リヤゲートに繋がっている、ここのコネクター内の接触不良でした。

Img_8621
車検整備とは直接関係ありませんが、エアコンが効かないと
いう事で、ついでにチェック&エアコンガスクリーニング。

コンプレッサーのマグネットクラッチが動かない原因は・・・

Img_8617
エンジンルーム内のヒューズボックス不良でした。

後は時々エンジンチェックランプが点灯するとの事なので
そちらの確認に入ります。

Img_5988
代わってこちらのシトロエンC4ピカソ。以前にも一度エンジンチェック
ランプが点灯するとの事で確認していますが、その時はテスターで
確認してみると、ミスファイヤーのフォルトコードが入っていましたが、
一旦フォルトを消して、さらにプラグのチェックと、イグニッションコイルの
位置を替えておきました。

Img_5989
で、今回再入庫してチェックしてみた結果、やはり単純なミスファイヤー
では無さそうです。しかもレールプレッシャー不良と言うフォルトも
入っていたので

Img_8626
燃料のハイプレッシャーポンプを新品に交換してみました。

数日試運転してみますね。

 

|

2020年3月25日 (水)

プジョー208

Img_5975
車検でプジョー208を預かっております。

Img_5935
つい最近何処かでフロントバンパーを引っ掛けたみたいで
バンパー下のアンダーガードが捲れちゃっています。
強めにブレーキを掛けるとフロントが沈み込み、この部分が
擦って音が出るみたいです。

ボルトを付け直せば簡単に直るかと思いましたが、どうも直らなそう・・・

Img_5937
フロントバンパーを外してチェックしてみると

Img_5941 
どうもアルミのバンパーブラケットまで曲がっちゃってるみたい
です。アルミなので、戻すと割れる可能性があるので・・・

Img_5979
新品の部品を取り寄せて交換しました。

Img_5981
これが正常のステー位置です。この状態ならアンダーガードも
スッキリ取り付きますね。後はバンパーを元通りに戻して、車検
整備に・・・と言いたい所でしたが、組付け中に

Img_5940
ドライブシャフトブーツが破れてるのを発見したので

Img_5983
ドライブシャフトを車両から取り外して、ブーツの交換も行って
おきました。

これで、後は通常の車検整備に入ります。

|

«ルノーヴェルサティス・プジョー308SW