« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

1007・C3

Img_6067

こちらのプジョー1007は車検でお預かりしていました。

中古で最近手に入れたみたいで、以前の履歴が解からな
かったので、タイミングベルト関係は交換しましょうsign01と、話
が決まり、作業に入りました・・・

Img_6065

ちょうどウォーターポンプが水漏れしかけていたので、ちょうど
良いタイミングだったと思います。

Img_6058

代わってこちらのシトロエンC3は、前後のブレーキパットを
低ダストタイプのパットに交換と・・・

冷間時の1速から2速にシフトアップする時のシフトショックが
大きすぎるとの事だったので・・・

Img_6051

いつものEVMバルブの交換と、バルブボディーのオーバー
ホールをしてみました。

これで調子が良くなると良いですねhappy01

|

2017年3月25日 (土)

C4ピカソ・ムルティプラ

入庫日は若干違いますが、同じオーナーさんの車両2台
入庫していました。

Img_6029

こちらのC4ピカソは、リヤの車高が上がらなくなったと入庫
しました。

Img_6026

よくあるリヤのエアーサスペンションからのエアー漏れの様です。
ベローズと言われるパーツの交換しました。

以前に交換した時は、パーツ値が半値ぐらいだったと思いますが
27000弱に値上がりしていました。年数が経ってきて、パーツ交換が
増えてくるので、逆に下がっても良いような気がしますが・・・

Img_5989

代わってこちらのフィアットムルティプラは雨漏れの点検と
リヤブレーキの調整不良で入庫です。

Img_5981

リヤブレーキの不良は、肝心な画像がどこかに行方不明ですが、
自動アジャスターの一部劣化折損?劣化?しちゃってました。

本来だとブレーキの遊びを自動的に少なくする方向に調整する
ハズなのに遊びがどんどん大きくなって、ブレーキペダルの
踏み代が深くなってサイドブレーキも効かなくなってしまっていました。

これはパーツを交換するしか無さそうですが、国内欠品中down

取りあえず加工して、組み付け直しておきました。

雨漏れは、ダブルサンルーフのフロント側より・・・

Img_5988

雨漏れでよくあるのは、ルーフアンテナのベース部分の劣化
で、ルームランプ辺りから漏れてくる・・・ってのですが。
どうも違うみたいです。

Img_5987

この車両は、ちょいと左寄りのサンルーフモーター辺り
から漏れてきます。

なら、サンルーフモーターの取り付け部のシーリング辺り?
と、思いましたが、どうも違うみたいです。

通常のサンルーフだと、ドレーンホースが付いてて、Aピラー
からドレンする事が多いのですが、このタイプはドレンも
付いて居ないので、それも違いますね・・・sweat02

オーナーさんには説明させていただきましたが、根本的な
シーリングが必要かもですdowndown

|

2017年3月23日 (木)

ルーテシアⅡRS・フィアットパンダ

Img_6011

ルーテシアⅡRSを車検でお預かりしておりました。

ワンオーナー22万キロオーバーですが、なんら問題は
ありません。っていうか常に進化しております。

Img_5969

今回は車検整備とはなにも関係ありませんが、リヤのアライメント
の修正を依頼されました。

Img_5970

オーナーさん特注のテーパーシムの入れ替えで、リヤのトーインを
弱める方向に・・・。キャンバーはネガではなくプラス方向で・・・。

フロントからリヤまでフルピロ化された足回りには、この微妙な変化が
すごく効果があるみたいです。

30万キロ目指して頑張ってくださいgood

Img_6006

代わってこちらも車検でお預かりしていたフィアットパンダ・・・

Img_6007

よくある事ですが、ヘッドライトのリフレクターが外れて、光軸の
調整がまったく出来なくなっていましたdown

純正部品のメーカー供給はとうぜん終わっております・・・sweat02

中古部品もありませんでした・・・。 なので

Img_6013


レンズを割らない様に、ヒーターガンを駆使して(ホントに駆使して・・・)
分解。そして綺麗に掃除して、オーバーホールして取りつけて
無事に継続検査合格scissors

これで、また2年乗れますねhappy01

|

2017年3月20日 (月)

マフラーが落ちたベルランゴ・・・


Img_5917


マフラーが落ちたベルランゴが入庫しました。

Img_5949

落ちた原因はリヤマフラーのタイコを吊っているマフラー
バンドが錆びて切れてしまった事です。

ただ、この部分はマフラーに付いているパーツなので
入手不能??それよりも、ここが錆びて朽ち果てるって
事は、タイコ内部も腐ってるのでは?と言う事で、新品に
交換する事に・・・

ただ、このベルランゴはディーゼル車で、国内で手配出来た
マフラーはガソリン車用のみ・・・

残念ながら、入り口のパイプ径が違うので、悩みましたが、
今後の事も考えて

Img_5938

センターパイプ側の径を変更する事にしました。

Img_5947

無事に付いて、一安心ですgood

|

2017年3月16日 (木)

トゥインゴゴルディーニ・C3

Img_5932

車検整備でK島さんのトゥインゴゴルディーニをお預かり
しました。

Img_5738

車検整備的に問題があったのが、ブレーキパットぐらいで
後は通常の消耗品やオイル類の交換で、検査も無事に
合格ok

車検整備とは関係ありませんが、今回は作業ついでに
バイクの乗り換えの際に外した、V-up16と、レデューサー
の取りつけをしました。

Img_5924

V-up16はイグニッションコイルのプラス電源側に取りつけ
です。キーONで12Vの電源が来ないのでちょいと悩み
ましたが、こちらの配線に割り込ませました。
通常はコイルに入る13.5V~14.5Vの電圧を16Vに
昇圧させることで、プラグに飛ぶ火花を強くする事が出来
ますね。

Img_5929

Img_5930

レデューサーの取り付けにはワイパーアームを外して、
カウルトップを外さないと、インテークサージタンクが
外せないので、苦労しましたが、何とかこの位置に
ツインリードを取りつけしました。エンジンルームを
元通りにすると、見えなくなるのがちょっと寂しいですが・・・despair

Img_5926

レデューサー取りつけには、本来付いている、PCVバルブの
キャンセルが必要になりますが、このエンジンはサージタンクの
裏の・・・

Img_5925

この穴がPCVバルブになります。

穴をちょいと広げ、M3のタップを立てて、芋ネジを取りつけして
キャンセル完了です。

Img_5918

こちらは、ご近所さんのシトロエンC3です。

こちらも車検整備でお預かりしました。

|

2017年3月14日 (火)

車検整備でルノーカングー

Img_5891

車検整備でカングーをお預かりしました。

Img_5760

ヘッドライトが曇って来たからと、オーナーさんが新しい
ヘッドライトを持ってきたので、入れ替えしました。

Img_5759_2

へッドライトが綺麗になると一気に車格が上りますよねshine

Img_5879

タイミングを気にされていたので、チェックしましたが、今回は
なんとか大丈夫そうです。ただ、次回の車検時には交換しま
しょうねwrench

Img_5874

ドライブシャフトのアウターブーツが破れていたので、ドライブ
シャフトを外して

Img_5872

ブーツの交換をしておきました。残念ながら純正はブーツ
のみの供給が無いので、社外品のブーツをつかいました。

後はエンジンルームの点検&掃除・・・。エアコンフィルター
の交換で作業完了です。

|

2017年3月12日 (日)

ハブボルト折損・・・メガーヌワゴンGT220

Img_5831

スタッドレスからサマータイヤに交換している時に、ハブボルト
が折れちゃったと、メガーヌワゴンGT220が入庫しました。

オーナーさんは古くからモータースポーツをこよなく愛する方で
タイヤ交換にも慣れていて、取り付けにもちゃんとトルクレンチを
使って作業していたとの事なので、作業上のトラブルは考えられ
ません。実際にトルク値も伺いましたが、全然問題ないと思います。

同じメガーヌでもRSはハブボルトの径が14ミリと太いので、折れる
なんて事は聞いた事がありませんが、何故かこのGT220は通常の
車両と同じ12ミリなんです。だからと言って簡単に折れては困りますが
たまたまの金属疲労による折損だと思われます。

Img_5829

たまたま折れた位置がディスク面より内側だったので、キャリパーの
脱着。ディスクローターの脱着をしての作業。

変にねじ込んだ訳では無かったので、比較的簡単に外す事が出来ました。

念のためすべてのネジ穴にタップだけ通して、作業完了ですnote

|

2017年3月11日 (土)

メガーヌⅢRSのブレーキ廻り交換・プジョー106S16

Img_5771

サーキットの走行を楽しんでいるメガーヌⅢRSがブレーキ
廻りの強化で車両をお預かりしていました。

Img_5773

ブレーキパットは前後とも、高評価のエンドレス製MX72
をチョイス。ブレーキオイルもMOTUL製5.1に入れ替え

Img_5816

サーキット走行でクラッチが焼けかけるとエアーを噛み
ペダルの踏み応えが代わってしまうことが多いメガーヌ
ⅢRSなので、クラッチのオイルも一緒に交換しておきました。

ブレーキディスクローターも当初は新品交換の予定でしたが
新品に交換して、すぐにサーキットを走ったりすると一気に
熱が入って歪む事があるので、今回はあえて新品に交換
せず、前後ともローター研磨にしました。

サーキット走行楽しんでくださいねnote

Img_5817

代わってこちらのプジョー106S16は昨年6月にご購入
いただいた車両です。多走行の車両で、思ってた以上に
壊れずにホッとしていましたが、エンジン始動不能で
レッカーにて入庫しました。

始動不能の原因はセルモーターの飛び込み不良・・・
残念ながらセルモーターも消耗品です。新品に交換
させていただきましたcoldsweats01

|

2017年3月 9日 (木)

シトロエンC4・DS3・C6


Img_5749


ちょいと前に12ヶ月点検をしたときにブレーキパットの
残量が少なかったシトロエンC4のブレーキパットが入荷
したみたいで、再び作業でお預かりしました。

Img_5750

前後とも、持込の低ダストタイプのブレーキパットに
交換しました。

Img_5757

エンジンオイル漏れは、タペットカバー付近から・・・

Img_5761

なので、タペットカバーのパッキンを交換しました。

Img_5740

代わってこちらのシトロエンDS3はエンジンオイルの交換
でお預かりしていました。

Img_5769

こちらのC6は、長距離前の各部点検でお預かりです。

何度か、エンジンオイル漏れで入庫していますが、今回も
若干のオイル漏れが確認出来ましたが、近々車検があり
ますので、その際にタイミングベルトの交換ついでに直そう
かと思っております。

今回はエンジンオイルの交換と・・・

Img_5770

前後のタイヤ交換で作業完了です。

|

2017年3月 4日 (土)

ブロワーモーター回らずのカングー

Img_5654

ブロワーモーター回らずで小カングーをお預かりしていました。

良く壊れる症状としては最強だけ回って、他は回らないって事が
多いのですが、今回の症状はどのスピードでも回りません。

Img_5656

となると、ブロワーモーター本体かと思いましたが、モーターを
外して単品でチェックしてみると、どうも違うみたいです・・・

Img_5653

コントロールパネルを外して、配線カプラーをチェックしてみると
なにか変です。

Img_5652

パネルを分解してみて、基盤を見てみると・・・

Img_5651

基盤裏側のプリント配線が一箇所切れてましたdown

Img_5714

これで完璧scissorsって思いましたが、残念ながら、ブロワーレジスター
も壊れてましたsweat02  両方壊れるって事は珍しいですね。ただ
これが壊れるって事はブロワーファンモーターも壊れかけてる
可能性が大です。今後ちょっとでも異常があったらブロワーモーター
を交換することをお勧めします。

Img_5715

そうそう、エアコンフィルターが詰まりかけてたのでついでに交換
しておきましたhappy01

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »