« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

オーバークールでムルティプラ



高速道路だけでもなく、一般道路でも走ってると水温計の表示が下がってきて、ヒーターの効きも悪くなると、フィアットのムルティプラが入庫しました。


一般的にオーバークールで疑う所は、サーモスタットですね。通常だと水温が上がってくるまではサーモスタットが、閉じていてラジエターに冷却水が回らない様になってますが、サーモスタットが壊れて開きっぱなしになるとオーバークールです。逆にサーモスタットが壊れて開かなくなると、今度はオーバーヒートにもなります。
それだけ重要なパーツです。


今回のムルティプラは前者という事になりますね。通常のサーモスタットと、違ってパッと見では開きっぱなしには見えませんが、よく見ると開いてましたので、新品に交換です。

ついでに、ムルティプラでエンジンチェックランプが点灯する最原因の水温センサーも新品に交換しておきました。

追加作業でストップランプが点かないから見ておいてとの事でしたが、ムルティプラの、ストップバルブにアクセスするのは地味に面倒なんですよね。

内張りに、サービスホールはついてるんですが、そこからはストップバルブが取れないんですよね。しかも…


内張りをある程度外さないとテールランプも外れないし…


これで、ようやくバルブの交換が出来るようになります。

ストップランプの点灯確認をしてたら、同じく右のスモールランプが点いてない事を発見!ついでに交換出来て、ラッキーでした。、

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

シトロエンDS4,C6



シトロエンDS4が、エンジン不調とチェックランプ点灯で入庫しておりました。

お預かりした後に、試運転した時に一瞬エンジン不調はありましたが、その後は何度運転しても調子は良く、症状が確認出来ませんでしたが、テスター診断の結果と、一瞬のエンジン不調の雰囲気から


燃料の高圧ポンプ不良と判断して、交換させて頂きました。同じような症状でも点火系の場合が有りますが、この辺りは長年の勘と言う所で…。



代わってこちらは、セルモーターが回らなかったと緊急入庫のシトロエンC6

入庫した時には、すっかり調子が良くなってたんですが、このエンジンの構造的にセルモーター本体の不良が非情に多いので、今後の事を踏まえて、予防整備としてセルモーター本体を交換する事としました。


セルモーター本体を外すのにあたって、エンジンのオイルクーラーや、オートマのオイルクーラーが邪魔なのと、ラジエターホース類が邪魔無ので一気に取り外し


セルモーターの取り出しがしやすいようにして


セルモーターを取り替えしておきました。

これでセルモーターの心配から開放です

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

アルファロメオ155,プジョー308


先週からエンジンチェックランプの点灯とともにエンジン不調になると、アルファロメオ155をお預かりしております。

入庫後、何度か試運転をしましたが、症状は確認出来ず…。


とても綺麗な155ですが、それでももう20年以上前の車両なので、コンピューターの診断もOBD2のコネクターが付いていないので、古いテスターを引きずり出して診断だったのでちょっと時間が掛かってました。


テスター診断結果は、どうも配線の接触不良みたいです。入庫時にオーナーさんからの話を聞いた時に道路の段差等で、車が跳ねた時に一瞬エンジンがストールするとの事でしたので、やはり配線不良が考えられますね。

なので、エアマス付近を中心にチェックしてみると


エアマスセンサーの配線が当たった跡がタワーバーに発見❗️

なるべくコネクターがタワーバーに、当たらない様に位置をずらし、コネクターのブーツ、配線を修正しておきました。

もうちょっと試運転して問題が無さそうならば、これで一旦お返しとなりそうです。




代わってこちらのプジョー308は右側のウインカーが点滅不良という事でお預かりしました。

確認して見ると右リヤのウインカーが、調子悪いみたいです。しかもストップランプも点いていません。


テールランプを取り外して、バルブの球切れのチェックと、配線カプラーの点検をすると、配線カプラー内のアース部分が接触不良によって焼けてましたので


バルブが付いているベース基盤のアース部分に直接半田つけをし、別配線でアースケーブルを作っておきました。

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

オーバーヒートのルーテシアⅡ V6



ルーテシアV6がオーバーヒートで緊急入庫していました。

オーバーヒートした割には、冷却水が減ってる訳でも、電動ファンが回っていなかった訳でもなさそうです。
しかもオーバーヒートしている割りにはラジエターに入るホースが冷たかったとの事から、サーモスタット不良と判断。


早速クーラントチェンジャーで冷却水を抜きますが、やはりラジエターホースに冷却水が回ってる様子はありませんでしたね。


これがV6系のサーモスタットです。通常のサーモスタットとは構造が違いますが、作動不良してました。

サーモスタットを交換後、冷却水を入れてエア抜きがてらエンジンを暖気して、無事にラジエターホースに冷却水が回って来る事を確認して作業完了です。

ついでに、エンジンオイルとオイルエレメントの交換もしておきました。

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

シトロエンC6にバックカメラ取り付け他



シトロエンC6がバックカメラの取り付けとヘッドライト磨きでお預かりしております。


C6はナンバープレートが付くガーニッシュ?部分が取り外せるので、


取り外して、カメラの、取り付けと配線を取り付けします。

画像を撮り忘れましたが、ナビのユニットもトランクルーム内にあるので、配線の取り回しは比較的簡単に出来上がります。


ついでに、ゲートアブソーバも取り替えしておきました。


ヘッドライトが若干黄ばんでたので、800番のペーパーから1000番1500番と徐々に細かくしていき…


最後は秘密兵器を投入して仕上げて見ました。

| | コメント (0)

2019年1月24日 (木)

イプシロン車検

車検でランチャイプシロン2台入庫しております。


こちらはビアンキカラーでお馴染みのイプシロン


フロントのブレーキパットが少なかったので、パットは交換です。


リヤのブレーキシューは残量はあったので、バックプレートの給油とブレーキ調整です。

いつも面倒見させて頂いて居るので、後はオイル交換やワイパーブレードの交換や消耗品の交換で終了です。



もう一台のシルバーのイプシロンは、バッテリーが弱っていたのと、左フロントショックアブソーバ不良ありです。


こちらもフロントのブレーキパッドが少なかったので交換です。


そう言えば、この2台のイプシロンは、何故か同じタイミングでライトスイッチが壊れていて、先っちょが抜けて来るという、変わった症状が出ていました。

部品交換をしたいのですが、残念ながら生産中止品で、中古のパーツも手配出来なかったので、両方とも抜けて来ないように、接着剤を使って直して見ました。これで抜けて来なければ良いのですが…

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

ドライブレコーダー取り付けのメガーヌⅢRS、シトロエンC4ピカソ


ドライブレコーダーの取り付けでルノーメガーヌⅢRSをお預かりしております。

この所、ドライブレコーダーの取り付け依頼が多くなってます。しかも前後カメラタイプばかり


前回はコムテック製で、今回はユピテル製です。

ユピテル製はモニターが無い分、本体が小さくて目立ちにくいですね。配線はどちらも前後カメラを繋げなきゃならないので、手間は代わりませんが…


今回もリヤゲート用のこのジャバラの中に配線を通します。で、一旦下に落としてフロワーカーペット下を通してフロントまで持って行きました。


で、左のAピラーの中を通ってフロントカメラに…。電源はフューズボックスから取りました




代わって、こちらのシトロエンC4ピカソはエンジンオイル&オイルエレメント交換と、スタッドレスに入れ換えしました。

今週末は全国的に冷え込むみたいですね。インフルエンザも流行ってるみたいなので、体調管理に気をつけましょうね

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

シトロエンベルランゴ、C4ピカソ

今週は車検整備が続いております。


フィアットムルティプラにシトロエンベルランゴ、シトロエンC4ピカソが入庫済です。


シトロエンベルランゴは並行車両なので、ヘッドライトが気になりましたが、流石ラベック!問題なくヘッドライトは左側通行用に交換してありました。交換したかどうかうろ覚えだったので、念の為にオーナーさんに渡してあったヘッドライトを持ってきて頂いてましたが、必要無かったです


走行距離は5万キロを超えたので、そろそろブレーキパットの交換時期ですかね。



バッテリーは交換時期だったので、新品に交換しておきました。

他は特に問題はなさそうだったので


本日、陸運局にて継続検査を受けてきたんですが、


純正で付いているデイライトの光量で検査官とひと悶着

結論的には問題なかったんですが、おかげて余分に時間が掛かってしまいました。

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

アルファロメオジュリア、シトロエンC6


ラベックに初めてアルファロメオのジュリアがご来店。しかもクワドリフォリオ…。

エンジンオイルとオイルエレメントの交換でご来店なんですが、先に用意しておいたオイルエレメントと、ドレーンコックのガスケットが高くてビックリ
フェラーリ由来のエンジンみたいですが、特に変わったフィルターでも無いんですけどね…


下回りの整流を意識してる為、しっかりとアンダーカバーで覆われているので


リフトアップして20個ほどのビスを取り外すと、ようやくエンジンが見えてきます。


オイルエレメントはエンジン上のカバーを外し


エアクリーナーケースを、取り外すと


Vバンクの間から顔を出します。


エンジンオイルはルブロス製のRスペック5W40Wを使用しました。エンジンオイル量は7Lでした。





代わって、こちらのシトロエンC6はオーディオの音が出ない…と、リアシート用の空調の風が調整出来ず、常に出っぱなしという事でお預かりしておりますが、



オーディオを引っ張りだして、配線をチェックしても問題無いし


センターコンソール後ろのリア空調用のスイッチ廻りの配線をチェックしましたが、配線的な問題では無さそうですね…

テスターで見てみると、リアACシステムとの交信エラーと出てるので、何かコンピュータがいたずらをしてるみたいですね…


| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

アイドリング不調のアルファロメオ156TS


先日に引き続き、昨年末にアイドリング不調で入庫して、その時には部品が無く年越ししていたアルファ156TS。

肝心な部品は分解してもなんともならなかったので、中古パーツを海外手配して、ようやく入荷したので、再度入庫していただきました。


スロットルボディーを車両から取り外し、故障しているスロットルセンサーを交換。


テスターで初期セットして、無事にアイドリングする様になりました。

この、TSエンジンは、アクセルワイヤーが付いて無く、コンピューターでスロットルのバタフライを制御している今時のスロットルボディーじゃ無いんですが、アイドリングのみコンピューターでスロットルを直接開いて制御してるんですよね。
まだまだTSエンジンは現役なのに、こんなパーツが生産中止とは困りますよね

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

エンジンオイル漏れのカングー


昨年に24ヶ月点検を行って、エンジンオイル漏れが発覚したルノーのデカングー。

オイル漏れの原因のサーモハウジングが、入荷したので作業に入りました。

サーモハウジングの交換なので、もちろん冷却水が抜けてしまうのですが、ちょいと前にLLCの交換を行っているので、LLCは再使用をする事に…。


こんな時にはLLCチェジャーが取っても便利です。しかもサーモハウジングの交換なら、冷却水は全く漏れません。


これが定番のサーモハウジング。プラスチック製なのでしょうがないですね。


アフター。これで当分は大丈夫ですが、材質は変わってないので、また漏れるんだろうなぁ…。

定期交換部品ですね。

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

ステアリング不良のメガーヌⅡ R26R

昨年末にパワステ不良でお預かりしていたメガーヌⅡ R26Rですが、


国内欠品中だった、ステアリングコラムassyが入荷したので、取り換え作業に入りました。


一般的なステアリングコラムは、下側からナットを外して取り外すバターンが、多いのですが、何故か上側から止まっているので


スピードメーターを外したり


コラム横のボディーコンピューターを外したりと、ちょっとだけ手こずりましたが、無事に交換終了。

ただ、最近のルノーは単純に交換作業したら終了では無くて、専用テスターにて各種設定が必要で、時によってはエンジンすら掛からなくなりますので、厄介ですが、これも無事に交換し、試運転して作業完了となります。

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

プジョー206RC、ルノールーテシアⅡRS



プジョー206RCが、エンジンが掛からなくなったと、レッカーにて緊急入庫しました。

普段からあまり乗らなかったみたいで、3ヶ月ぶりぐらいで乗ろうとしたらエンジンが掛からなかったみたいです。


早速テスターを繋いで現状確認してみるも、特に悪い所もフォルトコードも、入っておりません。となると、機械的な部分?と、言うことで、通常の点検を行うと、どうも燃料が来てないみたいです。燃料ポンプ廻りの配線や電源の点検の結果…


燃料ポンプ不良と判断し、ポンプ交換をおこない。無事にエンジンが始動しました。

始動後の各部点検でエンジンオイルが少ないのを発見したので、エンジンオイルとオイルエレメントの交換を行い、作業完了です。


代わって、車検でお預かりのルノールーテシアⅡRS。

車検整備で問題になる大きな不具合はありませんでしたが


綺麗で問題なさそうなヘッドライトが、なんと右側通行用…


オーナーさんが左側通行用をお持ちだったので、またまたバンパーを外して交換中です。

オーナーさん持ち込みのヘッドライトに付属のパーツが欠品だったので、別途取り寄せ中…。その後、エンジンマウント類の交換が控えておりますので、もう少々お待ち下さいませ。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

フィアットパンダ、プジョー208


フィアットパンダのツインエアーの車検整備を行っております。

この車両は並行車で、ヘッドライトが右側通行用のままになっているのでヘッドライトのカットラインが右上がりなのでこのままでは車検に通りません。それよりも対向車に、迷惑をかけるので、ヘッドライトを左側通行用に交換します。


バンパーを外して、ヘッドライトassyで交換です。今年はバンパー外す作業が続きますね


バンパー外しついでに、左フロントのタイヤハウス内の傷ついているインナーライナーも交換しておきます。


ちなみにこのツインエアーは2回めの車検で38000キロです。フロントのブレーキパット、リヤのブレーキシュー等は問題ありませんでしたので、掃除して給油、ブレーキ調整。ブレーキオイルの交換とエンジンオイル、オイルエレメントの交換ぐらいで、ほかは問題はありませんでした。


最後にタイヤの前後ローテーションして作業完了です。



代わって、こちらのプジョー208はドライプレコーダーの取り付けでお預かりしました。


最近、問い合わせが多い、後部カメラ付きのドライプレコーダーですね。


ハッチバックやワゴン&ブレークだと、リアカメラの配線の、取り回しが大変ですね。しかもフロントカメラと配線を繋がなきゃならないし…


リアカメラはこの、位置に取り付けしました。


後はフロントまで配線を引っ張って、フューズボックスから、電源を取って作業完了です。

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

ヘッドライト不良のシトロエンC6



昨日はヘッドライト不良のパンダの修理でしたが、本日はシトロエンC6が左側のみハイビーム不良でお預かりです。

C6のヘッドライトは最近のヘッドライトらしく、ハンドルを動かしたり、車両の傾きでヘッドライトが、上下左右に動きます。なので、ヘッドライトの中の配線が古くなってくると切れたりして不動になったり点灯しなくなったりします。


そうなると、バンパーを外して、ヘッドライトを車両から外して修理となります。

まずは、バーナーの不良なのか、バラストの不良なのかを左右入れ替えしてチェックしますが、バーナーもバラストも問題無しだったので、やはり何処かで配線が駄目みたいですね。


ヘッドライトを分解できるところまで分解してチェック。そして配線を修理してから点灯確認と、かなり細かくて面倒な作業でしたが、無事に直りました。

※本当はカプラーやコネクターも交換したかったんてすが、配線の半田付けと延長で直しておきました。


後は、別作業で、フロントバンクのタペットカバー付近からのオイル漏れ修理。取りあえずタペットカバーガスケットのシーリングで、様子を見てみます。


別個所てすが、バンパー取り外しの作業途中でパワステ関係のオイルホースのカシメ部分からのオイル漏れが見受けられたので、ホースバンドを交換して直しておきました。


最後にLDSオイルを補充して作業完了です。

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

2019年はフィアットパンダの修理から

昨日から通常営業となっております。

今年もよろしくお願いします。


今年の作業の第一号は、年末にパワーウインドウ修理で入庫したフィアットパンダからです。


パワーウインドウ修理自体はパーツが、入荷済だったので、何も問題は無くサクッと終わったんですが…

ヘッドライトが点いたり点かなかったり、ウインカーの作動が不安定など、ちょっとすぐに直らない感じだったので、そのままラベックにて年越しをさせていただく事になってました。


ライトが点かない原因はライトスイッチ不良やステアリングコラムの配線カプラーの、接触不良が多いんですが、珍しくライトスイッチの、接点が焼けて駄目になってましたので、


在庫で持っていた中古と交換して、なんとかなりました。

ラベックで年越ししていた間に左リヤタイヤのエアーが抜けていたので、何事かと思ってタイヤをみたら、サイドウォールにヒビが… こりゃ、エアーも抜けますよね

オーナーさんに連絡です。

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年🎵

明けましておめでとうございます


皆様、平成最後の年末年始を如何お過ごしでしょうか⁉️

昨年中は大変お世話になりました。

今年も宜しくお願い致します。

2019年 元旦

(有)ラベック 滝川 徹

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »