« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月30日 (土)

ルノールーテシアⅡRS・プジョー205

Img_2593

ルノールーテシアⅡRSを車検整備でお預かりしております。

総走行距離は25万キロを超えましたがまだまだ現役です。

左の足回りにショックからのオイル漏れ等、若干問題はありましたが、
こちらは後日オーバーホールすると言うことで、今回はブーツの破れ
があったタイロッドエンドを交換しました。

Img_2584

車検入庫する直前になって急に右フロントのヘッドライトが
チラチラするとの事だったので、バンパーを外してヘッドライト
を車上から取り外して確認・・・

Img_2585

Img_2586

今回はバラストセットを交換しました。

Img_2594

運転席のドアを開け締めする時にパキパキ音がしていたので
ドアストッパーも交換しました。

 

 

Img_2600

変わってこちらのプジョー205は今では珍しく6ヶ月点検です。

定期的な点検のおかげで調子は良いですが、パワーウインドウの
ギヤ欠けで、一番上まで窓が閉まらなくなってます。パーツを注文
しなくてはいけませんが、たしか新品の供給が終わってたハズなので
中古を探さなきゃ・・・

 

|

2019年3月28日 (木)

車検のルノーコカングー

Img_2574

ルノーコカングーを車検でお預かり・・・

Img_2526_1
タイロッドエンドのブーツが破れていたので、タイロッドエンドを
新品に交換しました。

以前から、このコカングーはオートマの調子がイマイチで、
バルブボディーのオーバーホールや、シフトケーブルを交換して
いましたが、今回はシフトをドライブに入れると、たまにメーター内
のオートマインジケータのDレンジマークが点滅してシフトの調子
が悪くなる症状が出ていたので、

Img_2579

Img_2578
オートマの上部についている、セレクタースイッチを交換することに
しました。

Img_2577

これが取り替えたセレクタースイッチです。

Img_2590

確認のために分解してみました。

Img_2588

接点がスライドする基盤部分が長年の使用で削れていますね。
ここが接触不良をおこすと、シフトの位置が感知出来ずに
コンピューターが誤作動を起こして、インジケータが点滅しちゃう
んです。

Img_2580

テスターを使って、ニュートラルの位置をチェックしながら、センサー
を取り付けして作業完了です。

Img_2582

追加依頼の、LLC交換をしてすべての作業完了です。

|

2019年3月27日 (水)

パンダセレクタ

Img_2572_1

パンダ繋がりでパンダセレクタ。車検整備でお預かりしております。

Img_2567_2

週に一度は乗るみたいですが、超近距離・・・なので前回の車検から
そんなに距離は伸びていません。

それでも、ブレーキオイルにエンジンオイル交換は必須作業です。

Img_2560_2

ただ、左のドライシャフトのブーツが破れていたので

Img_2563_2

ドライブシャフトを車上から取り外し、破れているアウターブーツと
ヒビが酷かったインナーブーツも交換しておきました。

|

2019年3月26日 (火)

エンジン不調のフィアットパンダ4X4

Pa
随分前にエンジン不調でレッカー入庫したフィアットパンダ


Img_2246
ちょいと前からようやく作業に入っておりました。


エンジン不調の原因追求に時間が掛かりましたが、
どうも燃料ポンプの調子が悪い時があるみたいだった
ので、燃料ポンプをチェックしてみる事にしてみました。


が、4駆だったのを忘れてました・・・
Img_2103
ここのサービスホールから簡単にポンプは外れません。


Img_2210
4駆なので、プロペラシャフトを避ける為に、横に付いているんです。
しかも、4駆は燃料タンクが鉄製です・・・・・・


Img_2211
タンクを下げつつ、タンクユニットにアクセスしますが、車上での
作業は面倒なので、ここまで来たら


Img_2217
タンクを降ろして作業します。


Img_2219
タンクユニットを外して、ポンプを見ると、ポンプしたのフィルター
が錆だらけ・・・??


Img_2221
タンク内を覗くと、エライ事になってました。ガソリンが錆びだらけ
で茶色です。これじゃあ正常にポンプは動かないですね。


Img_2404
取りあえず入ってる燃料を抜いて、水道水で燃料タンクを濯ぐと
出てくる水はすっかり泥水です。水が綺麗になるまで、同じ作業を
何度も繰り返し・・・


Img_2419
オートバイの燃料タンクの錆を取るのに使う、錆び取り剤をタンク容量
に見合うだけ手配して、一日浸け置き洗い・・・


Img_2446
なんとかここまで錆が取れました。燃料タンクに目処がついた所で


Img_2448
新しい燃料ポンプユニットを手配して、組み付け・・・
な所で、新たな問題が発覚!なぜか上手に取り付かないな?と
思ったら、燃料ゲージ用のセンサーの長さが微妙に長くて使い物に
なりません。しょうがないので、燃料ゲージは再利用して、再度
組み付け。

Img_2569
後は頼み忘れていた燃料フィルターを交換すればバッチリのハズです。

ついでに、オーナーさんが以前に乗ってた車に取り付けしていた

Img_2570
Vup-16を取り付けして一旦作業完了です。

|

2019年3月23日 (土)

シトロエンC5ツアラー

Img_2549
板金修理でお預かりしていたシトロエンC5ツアラーが
板金ペイント修理から出来上がってきたので、追加作業を
行っております。
追加作業その1
Img_2548
水漏れが原因でヒーターが効かない修理で、サーモハウジング
の取替えです。
取り返したサーモハウジング・・・古いサーモハウジングは取り外す
時に一部が砕けました。
追加作業その2
Img_2546
チェーンテンショナーからのエンジンオイル漏れで右ドライブシャフト
廻りが汚れていたので
Img_2540
テンショナーを新品交換しました。テンショナー根元のガスケットワッシャー
の交換だけでも、オイル漏れは直りますが、始動時のチェーンの音が若干
出ていたので、交換しました。
追加作業その3
Img_2521
エンジンオイルフィルターハウジングとシリンダーブロック間からの
エンジンオイル漏れ修理。
Img_2537
遮熱板を外して、この触媒も外すと・・・
Img_2535
ようやくハウジングが取り外し可能になります。
Img_2536
ハウジングのガスケットが硬化してオイル漏れをおこしていたので
こちらのガスケットの交換しました。
追加作業は他に、ドライブレコーダーの位置交換etc・・・
もう少々お待ち下さいませ。

|

2019年3月22日 (金)

ルノーウインド・メガーヌGT220

Img_2518
ルノーウインドゴルディーニを車検でお預かりしております。
Img_2480
7年目で約4万キロ走行。ブレーキパットの残量が微妙でしたが
次の12ヶ月点検までは問題無さそうなので、今回は見送り・・・
Img_2482
代わりに、新車から未交換?のバッテリーが気になるみたいでしたので
テスターで診断してみると
Img_2483
やはり「要交換!」との事だったので、バッテリーを交換しました。
Img_2488
このウインドだけじゃなくて、トウインゴⅡも構造上1番のプラグホールに
水が溜まりやすいので、チェックしてみましたが、この車両は問題ありません
でした。後は、ルーチンワークで作業完了です。
Img_2531
代わってこちらのメガーヌⅣGT220は、運転席のドアロックの
動きが悪い修理で入庫してもらいました。
Img_2532
以前に電話で、「リモコンでドアロックしても、運転席のみ開かなかったり
、閉まらない事がありその時は助手席から乗り込んだり、後部座席から
ドアを開けたりしている・・・」との事だったので・・・
ドアロックアクチュエーター不良だと判断して部品を手配してありました。
Img_2512
今までの車両ならアクチュエターのみで交換出来ると思うのですが、
残念ながらロックASSY。
しかも、アウターハンドルごと取り外さないと取り出せないとかで、
時間が掛かってしまいました。申し訳ありませんでした。
Img_2513
※アウターハンドルを外すが初めてだったので、大変でした。
忘れないように画像をアップ

|

2019年3月21日 (木)

シトロエンC6

Img2517
以前にハイドロオイル漏れで修理したシトロエンC6ですが、その時に欠品だったホースが
入荷したので、再度お預かりして作業しました。作業ついでに、右ヘッドライトのHIDバーナー
の交換も行いました。
Img2505
こちらが今回交換したハイドロホースです。
Img2508
ちなみにこのハイドロホースを交換するには、エンジンマウントの
一部脱着と、このLDSのオイルタンクを外さないと作業が出来ません。
Img2507
オイルタンクを外すと、顔を出すLDS用の電動オイルポンプ・・・
Img2494_1
で、更に、このタイミングだと丁度右のヘッドライトの裏側にアクセス出来る
ので、HIDのバーナーを交換しておきました。
この機会を逃すと、フロントバンパーを外して、ヘッドライトASSYを取り外して
交換か、今回みたいにタンクを外さなくてはならないですからね・・・
後は、元通りにタンクを組み付けて、LDSオイルを補充して油量調整をして作業完了です。
次は、そろそろタイミングベルトの交換と、ウオーターポンプの交換ですね。
お待ちしております。

|

2019年3月16日 (土)

クラッチから異音のプジョー1007

クラッチ辺りから異音がするとプジョー1007が入庫しています。


念の為にレッカーで入庫でしたが、異音がすると言うレベルを越して、走行不能でしたので、ミッションを降ろすのは決定。


で、クラッチのパーツを手配しつつ、本日ミッションを降ろして見ました。結果は…


レリーズベアリングが粉砕して、レリーズフォークもレリーズガイドも完璧に終わってました。
あまりにも削れ過ぎて、色合いが変ですね…画像を加工している訳ではありません。

想像を越してました。

週明けにクラッチの交換作業に入ります。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

フィアット850スパイダー



「2速へのシフトの入りが悪くなってきた…」と、フィアット850スパイダーが入庫しました。

試乗して確認してみると、どうもシフトリンクの調整が悪いのか、全体にシフトの横方向の動きが変な感じです。シフトリンクを調整すれば何とかなりそうな気がしますが…


下回りをチェックしてみようと、後ろに回って何気なく車の後部を見てみると、マフラーの出口の傾きが??

さっそくリフトアップして、ミッションマウントを見てみると


やはり左側のミッションマウントが折れかけていてエンジン&ミッションが大きく傾いてました。折れかけたのが原因でミッションが傾き、シフトリンクの左側に動く許容範囲を超えてシフト不良に、なってた模様です。


取り外したら、綺麗に分解…。走行不能にならなくて良かったです。



新品のマウントなんて当然無いと思うので、溶接、更に補強も入れておきました。

試運転をしてシフトフィーリングに問題が無いことを確認して作業完了です。

これで当分は大丈夫ですね。

| | コメント (0)

依託車両のフィアットムルティプラ



初代フィアットムルティプラの依託車両のご紹介です。


2004年式、走行距離118000キロ、車検は来年の3月11日まで付いております。



ボディーの状態はとても良い状態を保っております。



ムルティプラ特有の、内装のベタベタは以前に綺麗に落として、塗装してありますので、皆無です。


当社の整備ではありませんが、前回の車検時にヘッドガスケットの交換ついでにヘッド周りはオーバーホールしてるみたいですし、90000キロ弱の時点でクラッチもオーバーホール済み。

整備履歴もしっかりしておりますので、まだまだ乗れると思います。若干手直しが必要なところもありますが…

この程度にしては格安の設定金額だと思います。

気になる方は、直接ラベックに電話、またはメールを下さいませ

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

シトロエンc3、ルノーカングー

アルファロメオGTの車検整備がひと段落したので、シトロエンc3とルノーカングーの車検整備に入りました。


ご近所さんのシトロエンc3です。前回の車検からあまり走ってはいませんが


ミッションオイルの交換とLLCの交換依頼がありましたので作業を進めます。

バッテリーとフロントパットは今回は大丈夫でした。



代わって、こちらのカングーは15年経ち11万キロも超えたので、2回目のタイミングベルトとウォーターポンプの交換作業依頼です。


見た目的には大きな劣化はありませんでしたが、細かいヒビとウォーターポンプからの微妙な漏れがあったので、ちょうど良かったのかと思います。


イグニッションコイル廻りの配線のゲルコートチューブも劣化してボロボロだったので


取り替えておきました。


そう言えば、フロントのパットが少なかったので、低ダストタイプのパットに交換しておきましたよ。

後はエンジンオイルの交換と、エアエレメントの交換をして作業完了です。

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

アルファロメオGTの続き


駆動系の作業が完了したので、今度はエンジンルームの気になる点で、インテークのホースを交換しました。


簡単に外れるかと思いましたが、以外に面倒で、スロットルボディーを外したり、


パワステのリザーブタンクも外さないと取り付けボルトにアクセス出来ず…

それでもなんとか取り外してホースの交換出来ました。


ホースクランプも交換したかったのですが、在庫が無かったみたいなので、綺麗に洗浄して再使用。


綺麗になりましたね。

後は通常の車検整備に入ります。もう少々お待ち下さいませ。




追加で、エアコンシステムのガスなチェックを含めたメンテナンスと、冷却水の入れ替え作業を承りました。





エアコンのメンテナンスはBOSCHのACSを使って施工です。今までエアコンガスのチェックはした事が無いとの事でしたが、以外にガスの抜けが無くビックリでした。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

中古車のご案内…。BMWミニ編



ラベックに珍しくドイツ車の中古車が依託で入庫しております。

ドイツ車とは言っても、シトロエンやプジョーでおなじみの1.6Lエンジンが搭載されているので、機関的に違和感はありません。




距離は10万キロ弱で、問題は全く無しです。オートマやセミオートマが多い時代に、5速のマニュアルですから、マニュアル好きにはバッチリですね。


外装はリヤバンパーの一部が凹んでますが、他は全くと言って良いほど綺麗です。


唯一の欠点は天井の垂れですかね…。これは、このミニに、関わらず、年数が経ってくると避けて通れないばしょなので、しょうがないです。どうしてもの場合は張り替えですね。


内装は綺麗ですよ。


車検が4月までしか付いていないので、税金の関係もあって、一旦抹消してからのお渡しとなります。

気になる方は、ラベックに電話又はメール。直接メッセージを送って頂いても大丈夫です。よろしくお願いしむす。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

アルファロメオGT



アルファロメオGTのミッションがようやく車上より降りました。


今回、ミッションを降ろす原因となったのは、オイル漏れの修理がメインです。エンジンとミッションの継ぎ目からオイルがポタポタと…


ミッション側はオイル漏れの形跡無し…


フライホイールを外してチェックしてみると、ブロックのメクラ蓋から見事に漏れてましたね。


なのでメクラ蓋2個と、クランクのリアオイルシールを交換しておきます。これでオイル漏れは大丈夫ですね。


クラッチカバーのレリーズベアリングが当たる所の爪が一部折れていて、ヤバい所でした。たまたまですが、ベストなタイミングでしたね。


ミッション側からのオイル漏れはありませんでしたが、インプットオイルシールを兼ねたレリーズガイドと、たまにクラックが入るレリーズフォークもついでに交換しておきました。


ドライブシャフトのインナーブーツも破れていたので、左右ともブーツを新品に交換して、グリスの入れ替え。

これで、ミッションを元に戻せば、駆動系は終了です。

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

コカングー、アルファロメオGT



いつもピカピカ。綺麗過ぎるコカングーを各部点検でお預かりしております。

エンジンオイルとミッションオイル、ブレーキオイルのは交換依頼です。


タイヤを外してブレーキオイルを交換する時に、フロントパットが少ないのを発見。


低ダストタイプのパットに交換しておきました。


左のステアリングのラックブーツも破れてましたのでこちらも交換しました。


アイドリングが落ち着かなく、エンストする時があるとの事だったので、エアクリーナーケースを外して、スロットル廻りの掃除と、ISCバルブも掃除しておきました。




代わってこちらは先週末からお預かりのアルファロメオGT。車検整備と、クラッチオーバーホールの依頼です。


ようやく作業に入りました。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

アルファロメオ147、フィアットムルティプラ



アルファロメオの147を車検でお預かりしておりました。

定期点検も行ってますし、昨年タイミングベルト関係の整備を行っているので、今回はエンジンオイルの交換と、ブレーキオイルの交換等のみで、特に問題は無さそうです。


ただ、ヘッドライトがちょっと黄ばんできたみたいで、
ヘッドライトの磨きとコーティングを行っておきました。


ヘッドライトは外さずに作業を行うので、しっかりマスキングをして、600番から磨きます。今回は600番、800番、1000番、1500番、2000番4000番まで磨いて、その後は以前紹介したコーティングしました。


レンズ自体の細かいクラックはレンズの中からの劣化なので、しょうがないですが、綺麗になりましたよ。




代わってこちらのフィアットムルティプラは、信号待ちでさりげなくエンスト。その後もしばらくエンジンは掛かるけど、思ったように回転が上がらず…
ただ、時間が経つと何事も無かったの如く普通になる…と、入庫しました。

レッカーにてお預かりしたのですが、その時も特に異常はありません。テスターにて何かフォルトでも入っていないかとチェックしてましたが、エンジンに関係するフォルトは全く無し…

状況からの判断と、オーナーさんとの話で…


燃料ポンプを新品交換する事にしてみました。

交換したら試運転してみます。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

シトロエンベルランゴ、ルノートゥインゴ



シトロエンベルランゴがエンジンルームより煙が出た…と緊急入庫しました。

ただ、煙の匂いからすると、ブレーキかクラッチの焼けた匂いですね。渋滞中との話でしたので、クラッチではなかろうと思います。現時点では煙も確認出来ないし、クラッチの繋がりも特に変では無いので、様子を見てみる事に…。

ただ、煙が気になった原因に、下回りに、オイル漏れの形跡が、あるとの事だったので、ジャッキアップして確認してみると


エンジンオイルパンのドレンボルト付近からオイル滲みが見られたので、エンジンオイルの交換がてらに、ドレンガスケットの交換をして様子を見てみます。




代わってこちらは、車検でお預かり中のルノートゥインゴです。

昨年末にイージーtoパックを行った車両なのと、それから走行距離も少ないと言う事で、各オイルの交換だけ行って…


陸運局で継続検査も、受けてきました。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »