« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

シトロエンC3・ムルティプラ

Img_3396
運転席の窓ガラス落ちでシトロエンC3が入庫です。

Img_3378
最近の欧州車はすっかり落ちなくなりましたが、それでも
落ちる車両は落ちます。レギュレーターASSYで交換です。

 

Img_3442
変わって、時々エンジン不調でフィアットムルティプラが入庫
です。エアコンを掛けてる時に不調の事が多いみたいです。

調子が悪くなると一気に力が無くなるらしい。

テスターで診断してみると

Img_3441
イグニションコイル不良でした。1番4番のコイルが悪いみたい
です。ま、ASSYで交換ですげどね。

|

2019年6月28日 (金)

アルファロメオ155TS・ランチャデルタ

Img_3410
アルファロメオ155TSがウインカー不良、運転席ドアハンドル
燃料計不良で入庫しております。

ウインカーはたまに点滅がおかしくなるとの事でしたが、症状が
確認出来ず・・・。テールランプ廻りのアース不良か、ウインカーリレー
本体の可能性が考えられますが、コレは後日に・・・

運転席のドアを開ける時にアウターハンドルをしっかり上げないと
開きにくいとの事なので、内張りを外して、アウターハンドル廻りの
リンクの点検&清掃給油をしますが、イマイチ・・・

Img_3401 
なので、少しでもガタを無くそうと、アウターハンドルのリンクと
当たる場所に

Img_3403 
金具を加工して取り付けてみました。

なんか良さげな感じです。

Img_3408
燃料計が半分以下になると表示が変との事です。

車両は綺麗ですが、年数が経ってるので、タンクユニットの
燃料ゲージの基盤?が長年のサビとか消耗とかありそうなので
新品に交換したいのですが、残念ながら純正パーツは生産中止
との事なので、こちらも保留となりました。

 

Img_3415
変わって、こちらのランチャデルタエボ1は車検で入庫です。

ワンオーナー車で、大事に乗ってます。

Img_3414
距離は6万キロに満たないんですが、三回目のタイミングベルト
交換です。

もう少々お待ち下さい。

|

2019年6月27日 (木)

シトロエンC4ピカソ・C5ツアラー・C6

Img_3400
エアコン効かずでシトロエンC4ピカソが入庫しております。

Img_3394
先日もプジョー3008で修理したサーモハウジングが駄目でした。

 
Img_3398
車検でお預かりのC5ツアラー

Img_3397_20190705115801
エアコンの効きが悪いとの事でACSを行っておきました。ガス量が
ちょっと少なかったみたいですね。

Img_3399
こちらのシトロエンC6も車検整備で入庫です。

 Img_3354
LLCを交換した履歴がなかったので、LLCを入れ替え・・・

|

2019年6月25日 (火)

エンジン不調でルノー4

Img_3246
長々とエンジン不調でルノー4をお預かりしていました。

R4は今どきの車に比べてコンピューターも使っていないので
簡単にエンジン不調が治るかと思ってましたが、以外に手こずり
ました。

アイドリングが安定せず、回っても力がありません。どこかの気筒が
失火してるようなしていないような・・・

Img_3367
まずは基本点検でエアークリーナーが真っ黒だったので交換。

Img_3455
キャブレターの状態は特に問題無さそうですフロート室も綺麗
でした。

Img_3370
ディスビキャップのセンターピース付近の焼けが気になったので
チェックしてみるとローターにガタがあるのを発見したので
新品に交換。ポイント調整もイマイチだったので再度調整

Img_3263

Img_3261

Img_3260

Img_3259
プラグをチェックしがてらコンプレッションゲージにて圧縮を
計ってみると4番シリンダーが何度確認しても明らかに低く
数値が出ます。

Img_3332
エンジンオーバーホールは大変なので躊躇しましたが、
原因場所の特定の為リークテスターを使ってチェックしてみると
腰下では無さそう

Img_3269
となると・・・、タペットカバーを外してタペットクリアランスの確認を
してみると

Img_3327
問題の4番シリンダーのエキゾースト側のクリアランスがほとんど
ありません。圧縮の低い原因は多分コレですね。念のために全ての
タペット調整を行い、再度基本のエンジン調整を行い・・・

おっ!治ったみたいです。

Img_3364
エンジン不調が治った所で、触媒の詰まりを懸念して交換してあった
直管のフロントパイプを車両から外して、触媒を元通りに取り付け・・・

Img_3363
溶接加工がちょっと必要でしたね

次の整備に続きます。

 

|

2019年6月21日 (金)

C3プルリエル・メガーヌⅡ・アルファスパイダー

Img_3346
C3プルリエルがエンジン始動不良で入庫しました。

最近手に入れたばかりみたいで、センソドライブ不良が
原因かと心配しておりましたが・・・

Img_3341
セルモーターが駄目でした。

Img_3348
ついでにセンソドライブ系で異常の原因の一つの
ブレーキスイッチも折角なので新品に交換しておき
ました。

Img_3344
さらに、今後も安心して乗れるようにと、タイミングベルトも
交換しておきました。プルリエルをご堪能下さいませ♫

Img_3375
変わってこちらのメガーヌⅡハッチバックは

Img_3358
フロントのブレーキディスクとパット交換で入庫

Img_3313_20190704192901
アルファロメオ155系のスパイダーは車検でお預かりです。

|

2019年6月19日 (水)

プジョー3008

Img_3325
エアコン効かずでプジョー3008が入庫。

ちらっと確認してみると、コンプレッサーは回ってる
感じだったので

Img_3323
てっきりエアコンのガスでも少ないかと思い
BoschのACSを使ってメンテナンスついでに
エアコンガス量をチェックするも、確かに少ない
けど効かないほど入っていない訳でもありません。

と、そんな時に、オーナーさんが「最近冷却水も減るのが
早い様な気がする・・・」って言った時に、ふと思い出しました。

このタイプのエアコンは電動サーモスタットが調子悪いと
エアコンが作動しないんだったと・・・
 
Img_3322
なので、水漏れ修理がてら、サーモハウジングを新品に
交換しました。サーモハウジングから水漏れの形跡もあり・・・

エアコンも無事に効くようになり丁度良かったです♫

|

2019年6月15日 (土)

プジョー207SW・カングー・メガーヌエステート

Img_3309
メガーヌエステートはエンジンオイル交換で入庫。

Img_3291
プジョー207SWもエンジンオイルの交換で入庫です。

207SWの前に写ってる緑色の並行カングーは
車検整備でお預かりしております。

Img_3287
距離は少ないですが年数の関係で2回目のタイミングベルト
交換です。

Img_3290
ついで作業ではありませんが、予防整備でパワステポンプ
をずらしてオルタネーターを車上から取り外して・・・

Img_3288
オーナーさん持ち込みのリジットプーリーに交換。

オルタネーターを脱着するには、エアコンのホースを
外さないと作業できないので、ついでにACSを使って
エアコンガスのメンテナンスも行っておきました。

 

|

2019年6月14日 (金)

ムルティプラ

Img_3243
車検整備でフィアットムルティプラをお預かりしております。

Img_3242
ちょいと前から水漏れがしてるみたいで、冷却水が減るとの事
なので、確認してみると

Img_3238
ラジエターからブチュー!っと冷却水が吹き出てました。

Img_3293
なので、車両をリフアップしてフロントバンパーを外し、電動ファン
とASSYでラジエターを取り外して交換作業に入りました。

Img_3296
アッパーホースの取り出し部近くに、経年劣化で亀裂が入って
ました。

Img_3298
新品ラジエターはオーナーさんが用意して下さいましたが・・・
よく見ると

Img_3299
電動ファン側の取り付け部は問題ありませんでしたが、コンデンサー
取り付け部の位置が左右とも

Img_3300
全く・・・

Img_3301
Img_3302
違うので・・・、コンデンサーが固定出来ません。

Img_3304
なので、アルミのフラットバーを使って取り付け出来るように
してみましたが、フラットバーの厚み分が邪魔で、上手く付きません・・・

Img_3307
結局、コンデンサーとラジエターを固定せずに、コンデンサーのみを
フロントメンバーに直接固定する様にしてみました。

Img_3318
コンデンサーを外したので、ACSを使ってエアコンガスの補充
しておきました。

車検整備自体は、大きな問題は無く、各オイルの交換で済みましたが

電気廻りをチェックしている時に、ブレーキストップランプが
10回踏むうちの1・2回が点灯しなかったので

Img_3319
ストップランプスイッチを新品に交換して作業完了です。

 

 

|

2019年6月13日 (木)

メガーヌⅢRS

Img_3284
エンジン不調の点検とついでに12ヶ月点検でメガーヌⅢRS
を月曜からお預かりしております。

エンジンの吹け上がりが悪くなって異音もするとの事で
すが、何日か試運転させていただきましたが症状が確認
出来ず・・・。

ただ、コンピューターでチェックしてみるとイグニッションコイル系
のフォルト信号が入ってました。もしかしたら失火して3気筒になって
たのかも・・・。一旦フォルトコードを消しておいたので、次回に
繰越です。

12ヶ月点検自体も特におおきな問題はありませんでしたので、
エンジンオイルとエレメントの交換と・・・

Img_3281
巷で人気のMFAを注入しておきました。

Img_3283
そう言えば、12ヶ月点検用のステッカーですが、相変わらず
平成32年です。新しいステッカーは7月以降らしいです。

令和になって1ヶ月以上経ってるのにねー。

|

アルファロメオMITO

Img_3278
アルファロメオのMITOを車検整備と中古車新規登録
でお預かりしております。

Img_3273
現在の走行距離は9万キロです。6万キロでタイミング
ベルトの交換履歴はありましたが、年数が経ってるのと
これから新たにオーナーが変わるという事で、タイミング
ベルトを交換することになりました。

Img_3276
ついでに、オイル滲みのひどかったタペットカバーパッキン
も交換。

Img_3275
エンジンオイルもフィルターも勿論交換ですが、ミッション
オイルの交換にCTCのオイルも交換しておきました。

これで気持ちよく乗れると思います。

Img_3280
そして陸運局にて新規登録・・・

登録が終わったのでETCの再セットアップもしておきました。

|

2019年6月11日 (火)

2CV・C6

Img_3267
先週から作業に入っていた2CVのエンジンオイル漏れ
の箇所が特定出来たので、作業に入ってます。

エンジンオイル漏れしていた場所はタペットカバーの
ガスケットでしたね。

Img_3264
外してみたら、見事にガスケットがカチカチに固着・・・
古いガスケットを取り除くことに苦労しました。

Img_3266
タペットカバーを開けたのでついでにタペット調整も・・・
以外に悪くは無かったですが、どちらかというとクリアランスが
詰まり気味でした。

水平対向エンジンなので、タペットカバーを外すと
エンジンオイルがかなり漏れます。なので、エンジン
オイルの交換も行っておきました。

 

Img_3247
代わってこちらのシトロエンC6は先月にブレーキ不調
で修理依頼を受けていて、ようやくパーツが入荷したので
レッカーにて昨日入庫していただきました。

Img_3252
ブレーキ不良の原因は、マスターシリンダーの根本の
ブレーキブースター(マスターバッグ)が壊れてました。
C6クラスになるとブースター無しでは流石にブレーキが効きま
せんね。動かすのに苦労しました。サイドブレーキも電気式なので、
昔の車みたいにサイドブレーキを駆使して乗ることも出来ません
しね。

Img_3248
これがマスターバッグです。ヒューズBOXが絶妙に邪魔でした

Img_3253
フロントのブレーキパットも残量が少なかったので、取替えです。

Img_3255
これが今回取り返したパーツです。マスターシリンダーも新品に
交換です。

Img_e3256
お預かりしている時に、セルモターの廻りが元気が無さそうだった
ので、バッテリーをチェックしてみたら・・・

Img_3258
バッテリー容量がなんと20%・・・。バッテリー上がる寸前!
危ない所でした。

|

2019年6月 8日 (土)

C5・DS3・2CV

Img_3205
シトロエンC5がオートマオイルの交換で入庫していました。

Img_3204
オドメーターは9万キロオーバーですがオートマオイル交換
の履歴はないみたいです。なので、3回ほどオイルの抜きかえ
を行っておきました。オイルはオーナーさん持ち込みのASHを
使用。

急にオートマオイルを交換すると壊れる事があるから・・・と、オイル
交換を躊躇するショップさんもあるみたいですが、経験上から行くと
オイル交換をせず、そのまま乗り続けるより、少しでも早くオイル交換
を行った方が、その後のオートマの調子が良いと思います。

Img_3225
代わって、こちらのシトロエンDS3はタイヤ交換で入庫です。

2年前に交換したばかり・・・と、言われましたが、2年で6万キロも
乗ってますので、タイヤ交換はしょうがないと思います。

Img_3224
前回はミシュランだったので、今回はピレリーにしてみました。

Img_3226
さらに代わって、こちらの2CVはエンジン不調とエンジンオイル漏れ
修理でお預かり中です。ちょいと前にも同じチャールストンがエンジン
始動不能で入庫していましたが、その時とは違う車両です。

2CVでエンジン不調修理の肝は、点火系を取り敢えず123イグニッション
に取り替え・・・。定番すぎて画像撮り忘れました。

キャブレターもベンチェリー内が真っ黒だったので、清掃。フロート室も
汚かったので掃除して、キャブ調整。ずいぶん調子良くなりましたよ。

チョークワイヤーが引っ張れない・・・との事でしたが、これは

Img_3201
チョーク用のバタフライ部分の組付け不良です。

Img_3214
フロート室を清掃する時に外して直しておきました。これでバッチリです。

あとはエンジンオイル漏れの修理です。
Img_3232
2CVはフロントフェンダーが簡単に取り外せちゃいます。

Img_3231
エンジンが剥き出しになるので、確認作業が楽ですね。

Img_3229
こちらは来週チェックしてみます。

 

|

2019年6月 4日 (火)

エンジン不調でルノーカングー・車検でカングー


Img_3180
エンジン不調修理でルノーカングーをお預かりしております。

エンジンを掛けるとエンジンがブルブルしてアイドリングが落ち
着かないですね。1気筒死んでる感じです。

まずはプラグを外して燃焼状態の確認。新品プラグに交換
して再度確認してみると、どうも4番シリンダーが上手に爆発
していない様子です。

プラグコードを入れ替えしても4番シリンダーが変なのと
イグニションコイルを交換しても症状が変わらない感じだった
ので

Img_3151 
Img_3150
まずは圧縮圧のバラツキの点検を行いましたが

Img_3149
Img_3151
特に異常ナシ・・・

Img_3156
ならば、燃料系に異常があるのかと、インジェクターの噴霧状態
を確認したり、インジェクターの位置を替えてみたりしてみましたが
変化無し・・・。ちょっと行き詰まりました💧

なので、以前からちょっと気になっていた、どこからか排気漏れ
してる感じを直してみようと

Img_3170
エキゾーストマニホールドを脱して排気漏れの修理。

よく見てみると4番シリンダーから排気漏れしてた感じも・・・

Img_3172
なので、ガスケットを交換して、組付け直し・・・

これで、なにか変化があると良いのですが。

Img_3144
そうこうしていたら、なんだかカングーが集まって来ちゃいました・・・

※ちなみに、初代カングー等のコカングーばかりですが・・・

Img_3136
こちらのカングーは車検整備でお預かりです。

Img_3141
フロントのブレーキパットが少なかったぐらいで、あとは各オイル
交換のルーティン作業で完了です。

 

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »