2017年7月 3日 (月)

デルタの車検ついでに・・・

Img_7330

ちょいと前の作業になります。デルタエボⅠが車検で
お預かりする直前に、チャージ不良になり、エンジンが
掛からなくなったとの事で、長らくお預かりしておりました。

修理に長く時間が掛かったのが、チャージ不良修理の為です。

と、言うのも、去年末にもチャージ不良で修理預かりさせて
頂いて、そのときはオルタネーターのICレギュレーターの交換
で事なきを得たのですが、半年で同じ症状・・・。

エボⅠで懸念される室内のインジケーター不良の関係も
確かにありましたが、それを直しても、オルタネーターが
充電を始めませんdownオルタ本体は何も異常が無いので、
ICレギュレーターを交換すれば直るとは思いましたが
また同じ症状になるのも嫌だったので

Img_7164

今回は電装のスペシャリストにお願いして、オルタネーター
の中を分解、加工、配線取り出しをしていただき、ICレギュレーター
は形だけの、単なるブラシホルダーに・・・

Img_7184

レギュレーターはこの位置に、外付けしてもらいました。
今は無き、安心のトヨタ純正のICレギュレーターです。

Img_7258

しかも高寿命のタクシー仕様heart04 間違いないと思います。

画像は取り忘れましたが、メーター内の電圧計はあてに
ならないので、デジタルの電圧計も寄り付けましたが
ビックリするぐらい安定した電圧で、一安心ですgood

車検整備のメインはこの充電系と言っても問題ないぐらい
で、後は軽くオイル交換など・・・

あ、助手席のドアロックアクチュエーターの動きが悪く
運転席のキーシリンダーでドアロックを動かすと、延々と
ドアロックがロックアンロックを繰り返していたので

Img_7329

ドアロックアクチュエーターのみ取替えしておきました。

これで快適に開け閉め出来ますねshine もっと早く交換
しておけば良かった・・・

Img_7292

後は陸運局で検査を受けて完了ですgood

長々とお待たせして申し訳ありませんでしたcoldsweats01

|

2017年6月20日 (火)

エンジン始動不能でイプシロン

Img_7217

エンジン始動不能でイプシロンがレッカーにて入庫しました。

ロードサービスの方に来て貰って、ブースターケーブルで繋いで
貰ったみたいですがエンジンが掛からなかったみたいで、嫌な
予感がしましたが・・・

バッテリーが駄目なだけでした。バッテリーが負荷になってしまって
たみたいです。バッテリーを交換したら何事も無かったみたいに
始動出来ました。良かった良かったshine

Img_7212

追加作業で、助手席のドアミラーがグラグラになってしまったみたい
なので、修理してみました。

立体駐車場を良く使うみたいで、その度にドアミラーを畳んでいたら
壊れたみたいです。

Img_7213

レンズを外してチェックしてみると、テンションを掛けるためのスプリング
が外れてしまってますね・・・。通常だと、新品交換や中古への交換を
お勧めしますが、パーツが直ぐに入手出来なさそうだったので

Img_7214

分解して修理してみました。

今後はなるべく畳まない様にお願いしますcoldsweats01

|

2017年5月13日 (土)

ワイパー不良のイプシロン

Img_6858

運転席のワイパーの動きが変・・・と、ランチャイプシロン
が入庫しました。

確認してみると、運転席のワイパーがたまに窓を通り越して
ピラーに当たったり、カウルトップに当たったりと、確かに
変です。なので、カウルトップを外して

Img_6860

ワイパーリンクを見てみると・・・

Img_6861

運転席側のリンクの付け根のプラスチックが見事に割れて
います。コレではまともに動きませんねsweat01

マル秘の方法で、折れたプラスチック部分を修理して
おきました。当分は持つハズ予定ですgood これでも
駄目なら、ワイパーリンクの交換ですね。

|

2017年2月16日 (木)

アウターハンドルが・・・イプシロン

Img_5600

アウターハンドルが壊れたと、ランチャイプシロンが入庫
していました。

Img_5598

アウターハンドルの支点側が見事に折れてますねsweat01

材質がプラスチックですし、使用が多い運転席なので、
折れてもしょうがないですねdown

Img_5599

上手く行けば内張りも外さなくても作業はできますが
折れた破片を取り除くのに、内張りは外して作業しました。

助手席もいつかは折れる様な気がします。お気をつけ
下さいませcoldsweats01

|

2017年2月 3日 (金)

初期型イプシロンが2台・・・

Img_5404

初期型のイプシロンが2台、揃って車検で入庫していました。

2台とも良い歳でございます。ただ両オーナーさんとも、次に
乗りたい車が見つからないみたいで、まだまだ乗るとの事だった
ので、しっかり整備させていただきます。

Img_5399

ビアンキカラーが特徴のこちらのイプシロンは、もう何回目でしょうか

Img_5398


まだ乗るみたいなので、タイミングベルトとウオーターポンプを
交換します。

そう言えば、陸運局で継続検査を受ける時に、エンジンの
チェックランプやエアーバックの警告灯、シートベルトの警告灯が
ちゃんと作動していないと検査が受からなくなりました。まあ、
警告灯が点いてるって事は何処かに問題があるって事なので
本来直しておかなきゃならない事なんですが、いかんせん輸入車には
接触不良等の誤作動が多いので、いままでなんとか誤魔化して
いましたが、これからは確実に直さなきゃ駄目です。

そんな中、このイプシロン2台ともシートベルトの警告灯が取り付いて
居なかったので、取りつけ作業を行いました。

Img_5405

最近は便利なスイッチが出てるので、取り付けが楽になりましたnote

Img_5407

警告灯はもうちょっと目立つ所が良いかとも思いましたが、
折角のデザインを損なう様な変なところに穴を開けるのに
気が引けたので、ここに・・・。無事に取り付けれました。

Img_5413

後は、陸運局で検査を受けるだけです。

ちなみに、同じ初期型イプシロンなんですが、年式の関係で
シルバーのイプシロンは排気ガス検査はちょいと緩いCボタン
で、ヘッドライトも最初からハイビームで受けれますが

Img_5419

ビアンキカラーは通常の検査と一緒で、排気ガス検査も厳しく
ヘッドライトも基本ロービームで検査ですsweat01

ちょいとした検査方法の違いなんですが、ドキドキします。

お待たせしましたcoldsweats01

|

2017年1月17日 (火)

充電不良のデルタエボ1


Img_5266


年末の大掃除をしている時に、電圧計の針が上がらず
ABSの警告灯がついてしまうと、ランチャデルタを年越しで
お預かりしていましたが、重い腰を上げて、ようやく作業に
入りました。

チェックしてみると、充電をしたりしなかったり・・・。充電を
していない時は電圧不足でABSの警告灯がついてしまう
みたいです。なので、右フロントの足回りを外し、フロント
パイプも外し・・・

Img_5269

外しにくい、オルタネーターを降ろしてみました。

Img_5265

チェックしてみると、ダイオードプレートにも特に異常は
みられないので、ICレギュレーターを新品に交換、ついでに
レギュレーターまでの配線を半田で付け直ししておきました。

これで、充電は完璧・・・。のハズでしたが、どうもメーター
横の警告灯内のチャージランプが上手く作動していない
みたいです。

オルタの配線を付け直ししたり、バッテリーケーブルを
作り直したりと色々やってみますが、改善されないので・・・

Img_5295

インジケーターをセットで外し・・・

Img_5297

分解・・・

Img_5299

焼けてる様な抵抗がありますが、それ以外にもコンデンサー
とか一杯付いていて、さっぱり原因が解かりませんdown

だいたい、エボⅡになってからは、このインジケーターは
撤去されてたと思うから、見なかったと言う事で・・・wobbly

後はエアコンのガスをチェックして作業完了ですgood

|

2016年12月 9日 (金)

デルタエボⅡ

Img_4775

先月末から、デルタのエボⅡをパワステオイル漏れ修理
でお預かりをしておりました。

知ってらっしゃる方は知ってると思いますが、デルタって何の
作業をするにも面倒・・・。しかもパーツもあまり無い・・・。とで
作業に入るまでに時間が掛かっておりましたが、今回は
パワステのオイル漏れついでにクラッチのオーバーホール
もするって事で、なんとかパーツを手配し、作業に入りました。

Img_4769

ただ、足回りの脱着等は簡単に取り外し出来ますので、外して
しまいます。

Img_4772

デルタは4駆なので、通常の車両と違って、このトランスファーが
あるから、面倒なんですよねsweat01

Img_4777

そう言えば、クラッチの3点セット以外にも、レリーズシリンダー
とクラッチホースも劣化していますねー
※クラッチマスターは以前に交換済み・・・

Img_4818

ミッションを降ろして、交換したクラッチ3点セット・・・

Img_4840

追加発注で、レリーズシリンダー&ホースも交換しました。

Img_4836

こちらのホース2本がパワステオイル漏れの元凶です。

このホースを交換するためにクラッチのオーバーホール
と言う作業でした。

Img_4864

最後にオーナーさんが持ってきたスタッドレスにハメ替え
して、作業完了ですgood

|

2016年11月14日 (月)

車検のDS3とエンジン不調のイプシロン

Img_4484

先月にオイル漏れで入庫していたシトロエンDS3
予定通り今度は車検でお預かりしました。

Img_4485

ブレーキパットも予定通り前後とも交換しました。

何気に先月の入庫時のオドメーターの距離と今回の
オドメーターの距離を確認してみると、かなりの距離を
走ってるみたいですねsweat01 年間で2万キロオーバーみたい
なので、せめて今後は半年毎にオイル交換等をした方が
よろしいかと思います。

代わって、エンジンチェックランプが点灯&エンジン不調
でランチャイプシロンが入庫しました。

テスターで確認してみるとイグニッションコイル関係のフォルト
が入っています。間違いなくコイル不良の症状ですが、確認
の為エンジンルームを開けてみると・・・

Img_4519

コイル不良は間違いないんですが、その原因が、エアークリーナー
ケースの取り付け部が経年劣化で割れて・・・

Img_4517

その為、ケースがコイルの上に乗っかかり、コイルのカプラー
部が折れたのが原因でしたdown

取り付け部も割れてるし、ケースの下にも穴が開いている
ので、新品のケース交換となりましたが、思ってたより
ケースの部品代が高かったsweat02 けど、しょうがないですねcoldsweats01

まだまだ頑張って乗りましょうgood

|

2016年11月 4日 (金)

カングー・ランチャエボⅡ

Img_4390

デカングーが24ヵ月点検で入庫です。

各オイル&エレメント&ブレーキオイルも交換です。

Img_4392

リヤパットは少なかったので、低ダストパットに交換

Img_4391

昨日のルーテシアⅣに続いて、こちらも作業ついでに
スタッドレスに交換しました。

知らない間に、冬が近づいていますね。

スタッドレスのご用命はお早めに・・・phoneto

Img_4393

ブレーキ修理のランチャ白エボの引取りが終わらないうちに
パワステ不良で赤エボが入庫しました。クラッチもヤバそう・・・
少々お待ち下さい

|

2016年10月27日 (木)

ブレーキから煙のランチャデルタ

Img_4169

ちょいと前にもターボ廻りからオイル漏れで入庫していた
ランチャデルタエボⅡ
が、また入庫しました。

前回はオイル漏れでエンジンルームから煙が出たいたと
思いますが、今度は走行中に左フロントのホイールあたり
から煙が出たと、またまたレッカーにて・・・wobbly

ホイールあたりから煙というと、ブレーキの引き摺りですねsweat01
ちょいと前にもランチャイプシロンがブレーキホースが原因で
ブレーキの引き摺り修理
をしたばかりでした。

このエボも、距離こそまだ6万キロですが、製造から22年も
経ってるので、ゴム類の劣化が防げれませんねsweat02

ちなみにブレーキホースは過去に表面の亀裂で交換した
履歴はありましたけど、キャリパーのオーバーホールや
マスターシリンダーは交換した履歴が無かったので、今回
思い切って交換しました。

Img_4149

ちなみにブレーキマスターはターボ関係のホースやABSの
ユニットに邪魔をされて、パット見では、見えない位置に付いて
います。外しても、まだ解かり辛いです。なので、いままで
交換していなかったってのが敗因ですdespair

今回も部品の入手や作業に時間が掛かりましたが、新品の
マスターシリンダに交換して気分がスッキリscissors

Img_4186

ブレーキキャリパーもオーバーホールしてシール類も
交換しました。

Img_4172

ブレーキホースは今回はステンメッシュのホースにして
みました。これで当分大丈夫だと思いますgood

そう言えば、作業中に、右のステアリングラックのガタを
見つけたので、一緒に交換しようと思ったんですが、残念
ながら国内在庫無しdown 最近は乗るたびに何処かが壊れて
入庫している様な気がしますが、また今度、部品が入荷した
ら、最入庫よろしくお願いします。

|

より以前の記事一覧