2015年12月29日 (火)

昨日の片付け後に・・・

Img_9632

昨日の大掃除の後に、ちょいと前にエンジン不調で
お預かりしていたMP3をちらっとみてみました。

冷間時に、一旦停止や信号待ちをするたびにエンジンが
ストールするみたい。

Img_9626

なので、まずはエンジンコントロールユニット兼スロットル
ボディーを取り外し、チェックしてみると、あらっsign02真っ黒dash
ちょいと問題がありそうな感じ・・・

Img_9629

掃除して、取り付けてみました。

あとは、冷間時だけに問題がある感じだったので、水温
センサーを点検eye

さあ、試運転・・・と思ったんですが、バッテリーを充電して
おいたハズなのに、弱々しい感じdown

なので、やはりこのMP3も年越し決定ですsweat01

これで、今年の年越し車両は、台・・・

申し訳ありませんsweat02年明け頑張りますので、よろしくお願いします。

|

2015年5月15日 (金)

カングーのガラスリペア他・・・

Img_6012

カングーがフロントガラスに飛び石をくらったと、入庫しました。

Img_6011

ピントが合ってませんが、見事にヒットannoy

外注さんに来て貰って、ガラスリペアを行いました。

Img_6014

ガラス表面も削れちゃっていたので、若干痕は残りますが
充分だと思いますgood こちらは綺麗過ぎてピントが合いませんcoldsweats01

作業して貰ってる間にエアコンガスも補充・・・

Img_6020

久々にバイクのオイル交換も行いました。男KAWASAKI
10Rでございます。パワーがありすぎ?で、チェーンも
すぐに伸びてしまいますsweat01 チェーンオイルも補給して
おきました。

そう言えば、GW連休前からお預かりしていた、パンダセレクタ
ようやく本日ナンバーが付きましたcoldsweats01 あとは、試運転しながら
細かい所の調整やETCのセットアップです。もう暫くお待ち下さい。

そう言えば、中古車にも古いETC本体が付いたままの車両が増えて
きましたね。ETCが普及しだしてから10年ぐらいになるでしょうかsign02

ETCカードを挿してもなかなか認識されないETC本体もあるみたいです。
古くなって、カードのチップ部分を認識するレンズの汚れも原因の一つ
だと思われます。

認識されないとETCゲートが開かずに大変な事になりますので、

Img_6001

ラベックではそのチップを読み取るレンズの簡易クリーニングキット
を用意してあります。気になる方は、ご来店いただいて、一声掛けて
いただければ、ご自由に使っていただけます。是非ご利用下さい。

|

2015年4月11日 (土)

番外編 バイクの車検

先日、久々にバイクの車検のご依頼を受けましたので作業を
行っておりました。

最近、頻繁にラベックでバイクの整備も行ってるんですかsign02って
聞かれますが、ご来店いただいた方は解かると思いますが、
答えはイエスですhappy01

Img_5415

しっかりと、2輪車両の認証工場としての認可も貰っておりますgood

ただし、やはり基本はラテン系の車両の整備なので、あくまでも
限定ですが・・・

車種は出来たら空冷2気筒までが希望、けど個人的に興味がある
バイクなら承りますcoldsweats01 って事は、何でも?

Img_5395

今回はYAMAHAのSRと、すべてにおいてまったく問題が
無い車両でしたnote

Img_5356

基本的なブレーキ廻りの整備と、電気廻りの整備を行い、

Img_5357

社外メーターのインジケーター用の配線が不良でした。

オーナー様持込のステアリングに交換

Img_5370

Before  アップハン

Img_5401

After 偽セパハン

Img_5384

ハンドルを下げると、ハンドルを命一杯切ると、スイッチ
BOXがタンクに当たってしまうので

Img_5382

ハンドルの切れ角を押さえるストッパーを製作して、
作業は完了です。

っで、いつもの様に、店長に継続検査に陸運局に走って
貰おうと思ったら・・・なんとsign01

久しぶりの、ライディングでしたnote 暖かい日で良かったscissors

|

2014年8月 1日 (金)

2台のCAGIVA

ちょいと息抜きで、バイク修理状況を・・・

Img_2232

偶然ですが、2台のCAGIVAを修理でお預かり

手前の黄色のバイクがプラネット。後ろの赤色のバイクがミトです。
見た目はまったく違いますが、フレームもエンジンも基本的には一緒
の兄弟車です。※エンジンの味付けもパワーも違いますが

黄色のプラネットはエンジンとキャブレターを繋ぐ所の、ゴムのインシュレーター
の交換依頼です。(パーツ持ち込み)

インシュレーターの交換にはキャブを外さなくてはならないので、まずは
エアークリーナーケースを外そうと、タンクを上げて、ケースのトップを開けて
みたら・・・

Img_2224

エアークリーナーのスポンジが劣化の為、見事に欠落・・・

以前に、このエアークリーナーのスポンジをエンジンが吸い込んで、
ピストンリングに絡みつき、圧縮不足でエンジンが掛からなくなった
車両があったので、青ざめましたが、それによるエンジンは不調の形跡は
無さそう・・・

Img_2233

念のためキャブレターもオーバーホールしてみましたが、問題なし・・・

Img_2230

ボロボロだったスポンジも

Img_2234

綺麗に作りなおして、作業再開です。

Img_2226

これが、今回の作業依頼のインシュレーターです。右のが今まで付いてた
古い物。見事に劣化で切れちゃってます。これでは2次エアーを吸い込んで
調子が悪くなりますね。

今回はたまたまこの作業でエアークリーナー不良が見つかり良かったですが
バイクも定期点検必要ですねgood

変わって後ろの赤色のミトは、フロントフォークからのオイル漏れで
お預かりです。

Img_2269

サクサクっとフロントフォークを外し、

Img_2271

オイル漏れのチェック・・・。さらに分解して・・・

Img_2274



Img_2277_2

画像では見難いですが、インナーチューブのフォークシールが当たる部分の
メッキが一皮剥けちゃってますね。

本来だとインナーチューブの交換なんですが、今回は再メッキに出したいと
思います。綺麗になるかなsign02

|

2014年7月18日 (金)

レッカーデー

今日は朝からレッカーでの入庫が続きました。

Img_2072

走行中エンジンルームから煙が出たとプジョー407SW・・・

エンジンルームをチェックしますが、急に煙が出るほどのオイル漏れは
見つかりません。ので、リフトアップしてしたから覗くと・・・

Img_2075

エンジンの前側に、確かにオイルが漏れた跡があります。
エンジンオイル?パワステオイル?

Img_2074

緑のオイルみたいなのはエアコンガスに入ってる蛍光剤です。
って事はエアコンガスも漏れてる?色々漏れた跡がありすぎる
ので・・・

Img_2077

エンジンルームをスチーム洗浄して、再度チェックです。

もうしばらくお待ち下さい。

Img_2081

こちらは、走ってたら急にメーター内のバッテリーのマークとストップマークが
点灯したと、ルーテシアクイック5が緊急入庫です。

Img_2082

確認してみたら、オルタネーターのベルトが千切れて無くなってました。
その時にクーラーベルトに巻き込んだみたいで、クーラーベルトも痛んだ
みたいなので、2本ともベルト交換です。たまたま部品在庫があったので
すぐに対処出来てラッキーでした。

Img_2083

最後に入庫は常連のお客さんのバイクでしたcoldsweats01  しばらく乗ってなかったら
エンジンが掛からなくなったみたい・・・。ついでにフロントフォークのオーバー
ホールの作業も行います。

|

2014年5月 7日 (水)

たまには自分のバイクでも・・・

ゴールデンウィークに旅行へ・・・とは、書きましたが

実はこっそり前半の初日と後半の最終日にバイクもイジってましたhappy01

今回は、ちょいと前にバイクに乗った時に、どうも高回転時にエンジンの
吹け上がりとスピード感がどうも気に入らなかったので・・・

Photo_2

クラッチのオーバーホールをしましたwrench

Img_1240

車と違って、比較的簡単にクラッチの交換が出来る所がバイクの良いところで
あります。

Img_1242

ちょいと気になっていた、このバイク独特のクラッチ板の中のプレッシャープレート。
このリベットが飛んでクラッチの中でバラバラになり、悲惨な事になると聞いていたので
心配でしたが、なにも問題が無く、一安心ok

Img_1245

新しいクラッチ板は初期のなじみが良いように、作業の前に前もって
ミッションオイルの中に浸けておきます。
(バイクは湿式のクラッチなので)←が多い

Photo

最後に車のクラッチでも交換するレリーズベアリングも新品に交換して作業完了ですgood

まだ、試運転も出来ておりませんが、きっと見違える走りになることでしょうhappy01

バイクも車も壊れる前の整備が大切だと思います。←これ重要scissors

S


ちなみに2014春の仕様です。

|

2013年12月27日 (金)

バイクの修理や車検も・・・

Dscf8648

Dscf5228

Dscf0963

Dscf0874

ラベックはやはり基本は車が主体なんですが、気にいったバイク&気になるバイクが
あれば修理&車検も承っておりますhappy01  ※画像はイメージです

Dscf8497

Dscf8499

なるべくシングルまたはツインまでが得意分野ですが・・・

Dscf8544

キャブレター掃除のニンジャ400

4気筒も簡単な作業なら出来ます。

Dscf0976

グリップヒーター取り付けのビューエル

ラベックの様なちょいと変わったお店に来ていただけるお客さんは車は当然な事
ながら、バイクの趣味もちょいと変わってると思われます。

ご自慢のバイクを見せがてら、遊びに来て下さいねnote

|

2013年11月25日 (月)

店長のPASO・・・その2

PASO17インチ化の続きです。

フロントはトリプルツリーからフォーク一式をごっそり交換だったので
もうちょっと簡単に行くかと思ってたんですが、先日書いた通りちょいと
面倒でした。 (まだ、ちょっと問題は残ってますが・・・)

それに比べ、リヤは、スイングアームの取り付け・リヤショックの構造・
チェーンラインの問題・リヤブレーキの問題・フェンダー内のクリアランスetc
最初から問題は山積みでした。

そんな中でも、最小限の加工で済むようにと、今回も飯○プロデューサーが
頑張ってくれました。

Dscf0591

リヤのホイールはインチアップによる各部クリアランスの問題があるので
純正と同じ4.5Jの17インチホイールに・・・

Dscf0592

スプロケットホルダーを外して各所採寸wrench  よしよし思ってた通りにチェーンライン
も出そうですhappy01

Dscf0693

ただ、大きな誤算はリヤアクスルシャフト径でした。PASO純正の20ミリに対して
4.5Jを選んだこのホイールは17ミリ・・・。まあ、このシャフト径の違いは予想の
範囲内で、ホイールベアリングを交換すれば良いと思ってたのに、そんな都合が良い
ベアリングは出てませんでしたdown 

なので、PASOと同じ寸法のベアリングが入る様に加工屋さんで、広げて貰い
ました。(さすがに精度の要る加工は外注さんです・・・coldsweats01

Dscf0694

ついでに、リヤブレーキもディスク径がちがってくるので、キャリパーサポート
の径も広げて貰います。

Dscf0695

シャフト径を変えると、ホイールベアリング内のディスタンスカラーってのも変わって
くるので、コレは他車種用の径が合うカラーをヤフオクでゲットして、旋盤で長さを
合わせました。真ん中の長いのを右の長さにカットですhairsalon

Dscf0786

加工屋さんからホイールが仕上がってくると、今度は車両に借り付けしながら
チェーンラインの点検・ディスクローター&キャリパー取り付けをチェックしながら
ホイールがセンターに来るようにハブカラーの計測・・・

ハブカラーは先日加工屋さんで穴を広げて貰ったキャリパーサポートを10ミリ
カットするとすべてが丸く収まる事が解ったので、シャフト部を10ミリカットhairsalon

Dscf0807

ただ、このキャリパーサポートの取り付けも、そのままでは上手く付かない
ので、汎用のピロボールを使って、こんな感じでフローティング?

Dscf0809

なので、要らなくなった本来のスイングアームとの取り付け部分も綺麗に
カットhairsalon

Dscf0837

カットhairsalonカットhairsalonカットhairsalonの割には上手く収まりましたね~scissors(自画自賛)

Dscf0841

後は、ブレーキホースやチェーンスプロケット(チェーンの長さの問題で・・・)等
ありましたが、なんとか無事に取り付きました。

ちなみに、スイングアームとタイヤのクリアランスはこんな感じですsign01

Dscf0840

いやぁ・・・紙一重ですねhappy01  これを素晴らしいと見るか、ギリじゃんと見るかは
自由ですが、乗ればタイヤは減って行きますからね・・・coldsweats01

兎に角、無事に付いてホッとしておりますscissors

|

2013年11月20日 (水)

店長のPASO・・・

そもそも店長が前後16インチのPASOを買っちゃったもん
だから・・・ ※でも、格好良いからちょびっと羨ましい・・・

こんな事が始まっちゃいました。

ちなみに、なぜ16インチから17インチへ変更かと言うと
16インチのタイヤが手に入りにくいからみたいですsweat01

ちなみに手に入ったとしても恐ろしく高いらしい・・・sweat02

17インチ化計画で、嬉しい事は、ドゥカの純正中古
パーツが豊富な事ですshine

※きっとドゥカのオーナーさんは財布に余裕がある人が
多く、ホイールやショックやブレーキ等を素敵な社外品
パーツにアップグレードするから、純正パーツなんて要ら
ないんでしょうねcoldsweats01

こんな作業の時には空冷ドカのスペシャリストI氏
プロデューサーに迎えて、作業に入ります。

簡単に17インチ化計画とは言っても、やはり多少の加工
や追加パーツが出るのは想定内でしたが、フロントを正立
ショックから倒立ショックに変更するには、作業していく中で
予想外の出来事もありました。

ちなみに、簡単に説明すると、ショック自体を変更する為
には、車体(フレーム)とショックをつないでいる、トリプル
ツリーと言われるパーツを交換しないと取り付けが出来ま
せん。

Dscf0718

画像では差が解り辛いですが、フロントフォークが入る
矢印の径がまったく違うんです。

なので、このトリプルツリーを換える為に・・・

Dscf0584

プレスで圧力を掛けようが、酸素で炙ろうが、シャフトが
抜けなかったので、旋盤でギリギリまで追い込んで、交換
したり。

Dscf0619

いざ、カリ付けしてみたら、車高短すぎて、タイヤとラジエター
のクリアランスがまったく無かったり・・・down

Dscf0741

まあ、タイヤの径がコレだけ違うのに、さらにショックの長さ
も短いですからねsweat01(左が17インチ・ショックはゴールドの
1本が17インチ用)

実は、正直このショックの長さの違いは想定外でしたwobbly

車高が前下がりでは、キャスターが立ちすぎで必要な
トレール量も稼げないので、どちらにしても、このままでは
怖くて乗れないので、どうしようか悩んで、プロデューサー
と色々調べていたら、ネットで素敵なパーツを発見scissors

Dscf0670

世の中には同じような事を考えて、同じように悩んでる人
がいるみたいで、こんな便利なパーツを作ってるメーカー
があるんですよheart04 
※PASO流用用なんて物はありませんが・・・coldsweats01

なんとか、明るい兆しが見えてきたので、一気に作業を
進めます。

折角、素敵な延長パーツを取り付けるんだから、この際
フロントショックもオーバーホールしちゃいたいので、オイル
シールも追加発注してdollar

Dscf0675

フロントフォークのオーバーホールですshine

Dscf0672

ちなみに、フロントフォークをオーバーホールする時の
SST(スペシャルツール)は、FIATパンダの車載ジャッキを
加工して手作りした、ちょいと自慢の工具です。使い勝手
は抜群ですscissors

Dscf0753

出来上がりは一番左のショックです。どうですかsign01右の
二本とほぼ同じになりました。これで、フロントのアライ
メントの崩れが無くなり、安心して走れるバイクになりそう
ですねgood

さあ、次回はリヤに進みます。予定ではフロントはサクサク
と簡単に終わる予定だったのに、こんな感じですcoldsweats01

リヤは更に加工が待ってるハズなので、ちょいと心配
ですcoldsweats02

|

2013年10月18日 (金)

ランチャデルタ・SACHS

Dscf0487

先週に引き続き、今週もランチャデルタを車検でお預かり
しております。

こちらも綺麗な固体でございますが

Dscf0508

ドライブシャフトブーツや

Dscf0488

ステアリングラックブーツなど、ゴム類は駄目ですね。

ステアリング切る時に異音がするとの事ですが、たまたま
ドライブシャフトを外した時に

Dscf0490

ステアリングラックの右側の取り付けボルトのカラーがイマイチ
なのを発見sign01 (これが普通なのかもしれませんが・・・)

Dscf0492

外してチェックしてみると、こんな薄い当たりしかありません。
実際、締め付けトルクが不足気味でした。

Dscf0495

なので、肉厚のアルミのカラーに変更して、締め付け直して
みました。直るかな・・・sign02

Dscf0497 

80~100キロぐらいで、ステアリングにブルブルと嫌な
振動が出るって事だったので、ローテーションがてらに
バランスを確認してみると

Dscf0500_2

多い所で37グラムもバランスがズレてました。

他にも依頼事項が色々ありますが、ブーツ類が部品待ち
なので、また後日となります。もう暫くお待ち下さい。

Dscf0510

以前にアウトレットで売ったSACHSマダスがガソリンの
オーバーフローと、フロントショック辺りからのオイル漏れ
でお預かりしていましたが、ようやく出来上がりました。

オーバーフローの原因は燃料タンクのフューエルコック
不良でしたが、非分解タイプなので、直す事も出来ず、
新品に交換しようと思っても、色々調べても、同じコック
は見付からず・・・down なので、

Dscf0511

見た目は悪いですが、汎用のラインコックを取り付け
してみました。

Dscf0376

フロントフォーク辺りのオイル滲みは、フォークボトムの
オイルシールみたいだったので、車両から外して・・・

Dscf0377

オーバーホールしておきました。これで大丈夫ですねgood

お待たせしましたnote

|