2012年12月25日 (火)

車検と一緒にクワッドレデューサー

先日クリオV6にクワッドレデューサーを付けたんですが
今度は車検でお預かりした

Dscf7287

クリオRSにクワッドレデューサー取り付け依頼です

Dscf7300

今回はオイルキャッチタンク無しのクワッドレデューサー
のみの取り付けです。

RSの場合、車検と一緒に取り付け依頼だと、どのみち
車検でプラグ等確認するので、工賃がサービス出来る
ので、お徳です

Dscf7385

クワッドレデューサーはこの位置に取り付けしました。
スパークプラグも交換しておきました。この車両は
年数も経って距離も14万キロオーバーなので、それ
なりにエンジンもくたびれてきて

Dscf7383

インテークのスラッジも沢山付いていましたね
なので、見える範囲で綺麗に掃除して・・・

Dscf7391

WAKO's RECS処理もしておきました

検査は明日走る予定です

|

2012年12月20日 (木)

クリオV6にクワッドレデューサー

Dscf7252

フロントバンパー修理で板金屋さんに入っていたクリオ
V6がようやく戻ってきたので、残りの依頼作業をしました。

Dscf7249

まずはエンジン&ミッションマウントの交換です。

Dscf7253

エンジンアッパーマウントを交換するには、まずはエンジン
上のカバー一式を取り外す所からです。

Dscf7254

ミッションマウントはインテークダクトの下に付いています。

Dscf7248

V6エンジンで重みがあるので、マウントはこんなに潰れて
いました。ちなみにこれはミッションマウント・・・。エンジン
アッパーマウントもやはり潰れて、さらに硬くなってました。
これで、嫌な振動とはおさらばです

さらに追加作業で、レデューサーの取り付け依頼も承り
ました。エンジンカバーを外してあるので、作業がやりやすく
ちょうど良かったです。

Dscf7255

まずは、既存のブローバイホースの撤去から・・・
※こんな一体の成型ホースでブローバイがインテークに
戻っております。

Dscf7256

今回はオイルキャッチタンク付きのクワッドレデューサー
を取り付けします。

Dscf7258

以前に取り付けしたクリオV6はフェーズ2だったので、
インテークの形状が違い、まだ見えやすい位置に
取り付けしましたが、今回のV6のキャッチタンクは
同じ位置だとホースの取り回しにちょいと問題が
多いので、ラジエターリザーバータンクの下に取り付け
しました。

オイルキャッチタンクからの戻りのホースの取り回し
も本来の位置に戻すのは大変なので・・・

Dscf7313

こんなパーツを使って・・・

Dscf7314

インテークホースに穴を開け、ブチ込んで・・・

Dscf7319

こんな感じで戻してみました。

Dscf7316

本来ブローバイが戻る所には、こんなメクラ蓋で止めて
作業完了です さあ、効果が楽しみです

|

2012年8月 3日 (金)

クーペフィアット・プジョー106S16

Cf1

最近街中であまり見かけないクーペフィアットが車検整備
でお預かりしております。

大事に乗られてる車両で、今回もブレーキローターは
持ち込みで交換です。

Cf2

パットはこちらで低ダストタイプのクランツを用意しました

Re

そう言えば、久々にレデューサーもつけてみました。
今回はクワッドタイプを投入しました。

Fc5

もともとこの車両はヘッドとブロックからブローバイホース
が出てるので、ここに取り付けしました。

PCVバルブのキャンセルがちょいと面倒でしたね。

Cf3

最近は少なくなったけど、寒い時期はエンストをよく
するって事だったので、テスターでチェックしてみると
ちょこちょこフォルトコードが入ってますね

そう言えば、このクーペフィアットのヘッドライトですが
見た目はそんなに悪くないんですが、左側だけ光量が
出ずに困ってます 新品交換しなきゃ駄目かな

他にも、ブーストメーターの取り付け等あります。もう
暫くお待ち下さい。

Dscf5903

代わってこちらはちょいと前からお預かりのプジョー
106S16です。信号待ちや一旦停止等でエンジン
ストールするみたいです。すでにオーナーさんが色々
部品を交換してるみたいで、原因追求に手こずって
おります。

Dscf5909

たまたまですが、工場で使っていたテスター用のパソコン
が壊れたので、急遽デモ用のテスターを借りてチェック
しているんですが、慣れないタッチパネルタイプのテスター
なので、余計にイマイチ

P106kts

実測値を見ながらチェックするんですが、グラフ的には
問題無さそうなんですが

こちらも、もう暫くお預かりです

|

2012年5月19日 (土)

デジカメ不調の為…

携帯の、カメラで撮ってみたついでに
、携帯からブログアップにチャレンジ

先日、ワンランク上の車両を目指してデッドニングをした、ルーテシア16Vに今日はレデューサーを投入しました。
undefined

デッドニングの効果は狙い通りだったみたいで、静かになった以外にも、今まで道路のうねり等でボディがギシギシと軋み音がしてたのが減ったと、喜んで貰えたみたいで良かったです

興味のある方は一度試してみて下さいね

レデューサーも同じ様に喜んで貰えるといいな

|

2012年5月 4日 (金)

ゴールデンウィーク中日は・・・

皆さんゴールデンウィークは有意義に過ごしてますか

折角のお休みなので、しっかりリフレッシュしましょうね

※お仕事の方、お疲れさまです・・・

Ncm_0566

そんな私も、3日4日でバイクでキャンプツーリングする
予定だったので、MYスポーツスターを綺麗に洗車して・・・

Ncm_0572

レデューサーも付けて、スタンバッテたのに、天気予報
が両方とも雨の予定だったので、早々と諦めて、
さあ、何して雨の休みを過ごそうかと思ってたら、晴れ
てるじゃないですか・・・

って、事なら、普段なかなか出来ない家庭菜園のお手伝い
をする事にしました。

Ncm_0553

まずは、肥料をまいて、えっちらおっちら、スコップと鍬
で、畑となる部分を耕します。これが大変 農家には
絶対になれません・・・。

Ncm_0556

途中で、裏庭で飼ってるうさぎと戯れながら・・・

Ncm_0561

なんとか、形になりました 今回は、何を植えたん
だっけ・・・。トマトにきゅうりに、ナス、etc こんな少し
なんですが、忘れました それにしても、野菜っても
同じトマトやナスっても、いっぱい種類があるんですね

ほんの少ししかお手伝いしませんでしたが、育つのが
食べるのが楽しみです

あまりにも天気が良いのに、このまま家に居るのも
なんですし、折角僕のバイクにもレデューサーを取り
付けしたので・・・

Ncm_0569

おおはるカフェまで、ひとっ走りしてきました

やはりエンジンブレーキが低減されて、ビックツイン
らしからぬスムーズな吹け上がりで、気持ち良かった
です

さあ、明日は何して遊ぼうかな・・・

では、また

|

2012年5月 3日 (木)

BMWのバイクR1100Sにもレデューサー・・・

ゴールデンウイークスペシャル企画

普段はルーテシアRSフェーズⅡに乗ってるオーナーさん
が、杉坊のバイクにレデューサーの記事を見てか、
その前から気になっていたのか、バイクにレデューサー
を取り付けに、バイクでご来店頂きました。

Ab1

BMWのR1100Sと言う、BMWのバイクの中のスポーツ
モデルです。

BMWのバイクは水平対向のツインエンジンで、尚且つ
動力伝達が普通のバイクみたいにチェーンじゃなくて
シャフトドライブなので、エンジンブレーキがもろダイレクト
に伝わるので、レデューサーによるエンジンブレーキ
低減ってのが、魅力だったらしいです。

実際に僕も自分のバイクに付けていますが、エンジンの
回りも良くなるし、エンジンブレーキも減って、ツイン
らしからぬスムーズなバイクに仕上がってますよ

カウル付きのバイクは取り付けが面倒です。

Ab2

シートを外して、サイドカウルを外すと、こんなアルミの
インナータンクが見えてきます。けど、まだまだです。

Ab3

燃料ホースを外し、燃料ポンプの配線も外し、燃料
タンクを外すと、こんな感じです。

この車両はHIDのバルブが付いているので、余計に
配線がごちゃごちゃですが、最近のバイクは電子制御
の固まりですので、こんな配線だらけです。

ちなみに真ん中に見えるオルタネーターは車用と
ほとんど一緒ですね。

Ab4

赤い矢印がブローバイのホースですが、まだこのまま
では、取り付けられません

Ab5_2

バッテリーを外して、エンジンコンピューターをずらすと
ようやく見えてきました。

Ab6

こんな感じで、ブローバイホースを切り、間に取り付け
ます。16Φのニップルでオッケーでした

後は、配線をもうちょっと整理しながら、元通りに組み付
けていけば、作業完了です

今回、ゴールデンウイークの後半の休みは残念ながら
天気がイマイチみたいですが、天気が良かったら、何処か
に走りに行って、結果をご報告下さいね

Ars 

肝心なメインカーのRSはスピードセンサーが駄目なので
交換です。走行が17万キロからすると、よく壊れずに
すんだ方だと思います 目指せ30万キロ

申し訳ありませんが、

ラベックは5月3日~6日までお休み

させていただきます。7日から平常営業となりますので
よろしくお願いします。

|

2012年4月19日 (木)

ツインリードからクワッドリードへ・・・

Dscf4857

昨日名古屋の某所へ出張でレデューサーを取り付けに
行ってきました。

Ncm_0457 

以前取り付けしたツインリードはこの冒頭の画像の
RSのここに移設し・・・

Dscf4859

新たな、クワッドリードはこのカップカーの・・・

Dscf4860

この奥の場所に取り付け直ししました。

※PCVバルブの加工は以前に行っているので、ポン
付けです。

今度の日曜日に鈴鹿サーキットのイベントに参加予定
らしいです。これで、さらに戦闘力が上がりましたね

天候がちょっぴり心配ですが、楽しんできて下さい

ちなみにこのシャッター内に・・・

Ncm_0237

こんな車両も入ってたりします 

こんなガレージライフ憧れますね

|

2012年4月13日 (金)

トゥインゴクイック5にレデューサー

先日から急にレデューサーづいているラベックですが、

Dscf4832

今日はルノートゥインゴのクイック5に取り付けしてみま
した。

かねてから、このレデューサーと言うパーツは2ペダルで
シフトチェンジ時にギクシャクしちゃう、この車の様な
クイック5等に効果がありそうな気がしていたので、
とっても良い機会です

Dscf4811

まずはエンジンルームをじっくり見て、取り付け場所の
検討から入ります。このクイック5は比較的簡単に作業
できそうですね。ただ・・・

Dscf4816

この下側のホースがブローバイなので、ここにこの
ツインリードが付けば良いんですが、

Dscf4808

さすがにこの角度で取り付くニップルがありません

色々検討した結果、90度のエルボーホースを2本使って

Dscf4829_2

こんな様に、手前に一度レデューサーを振って取り付け
してみる事にしました。

Dscf4826

そうするとこんな感じ・・・。後は、他に干渉しないように
タイラップ等で処理すれば完璧だと思います。

Dscf4831_2

取り付け部品はこれだけですね。取りあえずツインリード
タイプですが、ツインリード本体、12Φニップル、12Φ
Uターンニップル、PCVキャンセル用8Φメクラ蓋、90℃
エルボーホースが2本です。

そう言えば、この矢印のホースは純正のPCVホースです。
このホースの中に、右に写ってる8Φのメクラ蓋を仕込
んで、元に戻します。

Dscf4814

PCVホースは、下側は今回レデューサーをつける根元
近くから、上側はこの画像の矢印あたりになります。

取り付けが終了すると、まずは試運転です。

予定通りエンジンの回りがスムーズになって、シフト
アップ&ダウンのギクシャクが明らかに減っています。

狙いは成功しましたね

ただ、完璧に無くなった訳では無いので、次回は
クワッドリードで試してみたいと思います

|

2012年4月11日 (水)

メガーヌⅡRSにレデューサー

先日このブログにて紹介したレデューサーに・・・

Dscf4793

「基本的にこの車はとっても好きなんだけど、ターボの
フィーリングにどうしても馴染めなくて、なんとかなり
ませんか

と早速、ルノーメガーヌⅡRSのオーナーさんがお見えに
なりました

このお方、元業界人、メカにとっても精通していて、
僕が説明するよりも、ラベックに置いてあった資料を
一生懸命に読み出し、テストデーターを見ながら
なんだか首を捻ってます

「オートバイのシングルやツインエンジンなら解るけど
車のマルチエンジンの場合は下がるピストンもあれば
上がるピストンもあるから、プラマイゼロではブツブツ・・・」

どうも、納得がいかないみたいなので・・・

”そう言う人の為に、お試し用のレデューサーを
用意しました” 
と、早速取り付けに入りました。

こう言うタイプの人には、思いっきり体感出来やすい
クワッドタイプをつけてみます。

Dscf4799

画像がわるいですが、メガーヌⅡRSには基本のクワッド
レデューサーに入り口側14Φニップル、出口側12Φ
Uターンニップル、PCVキャンセル用の10Φのメクラ蓋
13Φのシリコンホースが10センチぐらいでOKです

Dscf4786

ここに付いている、PCVのホースを一旦外し・・・

Dscf4798

メクラ蓋を挿入、そして元に戻します。

後は、インテークホースに付いているワンタッチカプラー
の向きを逆にして、クワッドレデューサーを付ければ

Dscf4803

こんな感じで取り付きました 加工が最小限で済み
楽です ※カバーをつけてしまうと見えなくなるのが

ここまで、すべて慣れてしまえば、30分も掛からない
作業です。さあ、乗っていただきましょう

”論より証拠” ”百聞は一見にしかず” ってことわざが
あるように、まずは体感です

いつもより元気なエクゾーストノートを響かせて、ちょっぴり
勢い良く試運転に出かけるオーナーさん・・・

しばらくして、戻ってきた時の開口一番の言葉が

”なにこれ” 

”エンジンの回りがメチャスムーズで、パワーが
一気に上がった感じがする・・・

と、予想外の体感だったみたいで、大満足の様です

詳しく話を聞くと、「エンジンブレーキが弱まったおかげ
で、多少ブレーキの効きが悪くなったけど、もともと
ルノー系はオーバーサーボ気味で、ブレーキが利き
すぎる感があったので、丁度良い感じになった」のと、
「それよりも何よりも、エンジンフィーリングが良くなって
パワー感が上がり、メガーヌⅢRSトロフィーの265と
までは行かないものの、メガーヌⅢRSと同等の250PS
に追いついた感じがする・・・」と、嬉しいお言葉です

早速お買い上げいただきました

まだまだ、いつでも体感フェア(←勝手に命名)開催中
です

|