2018年12月11日 (火)

シトロエンエグザンティア、アルファジュリエッタ


今週はリフトに、上がってる車検整備のエグザンティアから作業に入ってます。
このエグザンティアは平成11年式なので、もう19年たってますが、まだまだ現役。大事に乗られてるみたいなので、今回はタイミングベルト交換を含めて、色々リフレッシュです。


以前にブレーキコントロールバルブを交換した時にもLHMオイルの交換等をおこなっておりますが、今回はLHMオイルタンクを外してタンク内の掃除と…


フィルターの掃除を行っておきました。

ちらっと写ってるスパークプラグも交換しておきました。後は通常のエンジンオイルやエアクリーナー等の消耗品の交換で作業完了です。



タイミングベルト関係も前回、前々回は行っていないみたいなので、交換しておきました。



代わって、水漏れオーバーヒートでお預かり中のジュリエッタ。


水漏れの場所は解りやすい、シリンダーヘッド裏のバイブのメクラ蓋からでした。当初はメクラ蓋だけの交換とも思いましたが、パイプもプラスチック製なので、劣化してて折れるといけないので…


パイプごと新品に交換しておきました。


フロントのブレーキパットが減ってたので、ついでにいつもの低ダストタイプのブレーキパットに交換しておきました。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

308、アルファ、ルノーメガーヌⅡ、他

12月に入っての土曜日、今日はなんだか朝から入庫が続きました。


プジョー308SWはブレーキ廻りのリフレッシュで入庫です。


ブレーキオイルの入れ替えと、前後のブレーキパットの残量チェックがてら、面取りグリスアップを行っておきました。


アルファ147はドアの内張の剥がれの修理の為、内張りの脱着でお預り


昨日お預かりのジュリエッタは、冷却水漏れの修理とブレーキパット交換です。週明けから作業に入ります。


午後からは、珍しくメガーヌⅡも揃いました。


R26Rはパワステが急に重ステになったみたいで、レッカーにて入庫です。とうも電動パワステのコンピューターが、ダメっぽいですwobbly こちらも週明けから点検に入ります。


青色のメガーヌⅡはフロントのブレーキローターと、パットの交換です。お馴染みのディクセル製を使用。


リヤはパットのみディクセルのプレミアムパットにて交換でした。

12月に入ってバタバタしてきましたね。頑張って作業しますので、何か異常があれば早めにご連絡下さいませ。

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

ガソリン漏れ・オイル漏れ修理でブレラ

Img_9517

Img_9498

アルファロメオのブレラがガソリン漏れ修理でお預かり
しました。

Img_9499

オーナーさん自らの手で、燃料タンクユニットからのガソリン
漏れを直そうと色々手を尽くしたみたいですが、残念ながら
直らなかったので、交換依頼です・・・

ラベックでも過去に色々試した事がありますが、材質的に
接着剤がくっ付かないないので、諦めて、清く正しく、新品に
交換しております。

で、簡単に取替えして終わる予定でしたが、タンクユニットの
取り付けが、今までの一般的なリングと違い、しかも固くて
取れなかったのでSST作りから始まりました。

Img_9502

こんな感じで、帯鉄を溶接して、簡易的に作りましたが
まったく歯が立たず、取れませんsweat02

Img_9504

結局、見た目は悪いですが、補強&補強してこんな感じで
ようやく取れて、

Img_9500

無事に新品交換出来ました。

Img_9506

エンジンオイル漏れは、シリンダーブロックに付いている
オイルプレッシャースイッチからでした。

ただ、このプレッシャースイッチも、以前のアルファロメオに
使われているサイズと違うので、工具が使えず・・・down

アルファロメオは159以降色々変わってしまいましたねwobbly

|

2018年2月13日 (火)

アルファ159SW・ルーテシアⅢRS・シトロエンDS3

Img_9170

アルファロメオ159SWは車検でお預かり。

Img_9159

ルーテシアⅢRSは12ヶ月点検でお預かり。

Img_9171

シトロエンDS3はオーバーヒートランプが点灯したと
レッカーにて緊急入庫。

Img_9186

エンジンをかけると、ピーっと警告音がなって、水温計が
振り切ります。ただ、どうみても水温は上がっていなさそう
なので、水温センサー不良の可能性大ですね。

Img_9189

早速テスターを繋いでチェックしてみると、水温計に
関係するフォルトが多数・・・。水温センサーを注文して
みます。

無事に直るかな・・・なんて

|

2017年6月25日 (日)

C6・アルファ145TS

Img_7236

並行のシトロエンC6が、USBBOX取り付けで入庫しました。

最近の輸入車はワールドラジオが付いている為か、ラジオの
入りが非常に悪く、Ipod等を効く為にFMトランスミッターを
使って音声を飛ばしても全然音が拾えないって事なので、
シトロエン純正のUSBBOXを手配して、取り付けをしました。

取り付けは、オーディオを一旦取り外し、オーディオ裏の
CDチェンジャー等を繋ぐ為のコネクターにUSBBOXの配線
を繋ぎます。

Img_7235

取り付けは、助手席のグローブBOX内・・・

Img_7247

こんな感じです。

後はテスターにて、CDチェンジャーを認識させればOKですgood

これで、綺麗な音で音楽が聞ける用になりましたねnote

Img_7227

代わってこちらは、久々に陸運局で朝1番に並ぶ事ができた
アルファロメオ145TSです。

車検でお預かりしておりました。

Img_7246

エアーバッグの警告灯の点灯修理と、ヒーター切り替え
ワイヤー不良の修理がメインでしたsweat02

|

2017年6月19日 (月)

車検のスパイダー・スピダー

Img_7106

車検でアルファロメオスパイダーをお預かりしておりました。

何度も車検整備を行なわさせていただいているので、随分
良くなってきたと思います。今回はバッテリー交換とクーラー
ガスの補充ぐらいで済みました。後は多少のオイル滲みを
なんとかしなくてはぐらいですね。ありがとうございました。

Img_7211

代わってこちらはルノースピダーです。こちらも車検でお預かり
しました。

登録から19年で、走行距離は19000キロ・・・乗らなさ過ぎて
心配です。ただタイミングベルトは2回交換しています。
まだまだ大事に乗りましょう

|

2017年4月10日 (月)

アルファロメオ156V6

程度良好なアルファロメオ156TSの中古車が入庫しましたが

Img_6206_2

こちらは車検でお預かりの156V6です。(手前側の黒い方)

Img_6229

156のV6の車検で悩むのが、社外品のフロントパイプが
付いている場合・・・

間違いなく、最低地上高で引っかかりますdown

Img_6220

で、ノーマルのフロントパイプを持ち込んで貰って、取替えして
検査を受けるんですが、取替えでは、かなりの確立で、取り付け
ボルトが折れますsweat01

Img_6222

で、折れたボルトをドリルで揉んで取り除き、タップを立てて
修正しますが、これがいつも大変なんですよねsweat02 今回は
見事に3本折れましたdowndown

Img_6225

ラックのブーツも劣化して破れてることが多いです。

ドライブシャフトのブーツも破れてることが多いんですが、
この車両は前回の車検(2年前)から、5000キロも走って
いないので、ドライブシャフトブーツは大丈夫でした。

Img_6227

代わりに、ブレーキホースは駄目だったので、全数交換
しました。

後は油脂類の交換と、最後に

Img_6228

ハブボルトが錆び錆びだったので、綺麗に磨いて、塗装
して作業完了ですgood

この156V6はまだ現役です。商品車の156TSもまだまだ
乗れますので、気になる方は是非・・・

|

2017年4月 7日 (金)

147TSセレスピード

Img_6146

アルファロメオ147TSセレスピードを冷間時セレ不良で
お預かりしました。

お預かりした後、現象確認の為、何度か試運転させていただき
ましたが、たまたま確認出来ず・・・。コンピューターにもフォルト
は記録されていません。

ただ、セレポンプ不良なのか、アキュームレーター不良なのか
油圧の低下が早く感じたので、

Img_6145

アキュームレーターの交換と、セレオイルの入れ替え・・・

Img_6147

ポンプリレー等、基本整備をさせていただきました。

これで、様子を見てもらおうと思いますが、もしかしたら
クラッチ本体の不良かも・・・

|

2016年12月 5日 (月)

パワーウインドウ不良のパンダ・アルファGTV

Img_4827

パワーウインドウ不良でフィアットパンダが入庫して
いました。

Img_4825

1ヶ月ほど前に、バキッ!と言う音と共に、ガラスが勝手に
下がってしまうみたいです。そう言った時には手で無理やり
上げて窓ガラスを閉めていたみたいですが、時間が出来た
と言う事で、修理です。

部品は前もって注文してあって入庫済みなので、サクッと
替えて終了。ついでにスタッドレスにもハメ替えておきました。

Img_4822

代わってこちらの綺麗なアルファロメオGTVも運転席の
パワーウインドウ不良で入庫です。

Img_4824

初代トゥインゴにも同じような症状がありましたが、レギュレーター
の支点部分の劣化です。

Img_4823

純正部品は生産中止みたいで、パーツを手配するのに苦労
しましたが、なんとか新品社外品の手配が出来たので、入庫
していただきました。

|

2016年9月15日 (木)

アルファ156TS・パンダツインエアー

Img_3794

アルファロメオ156TSが急にブロワーファンが回らなく
なったと、汗を流しながら入庫しました。

確認をしてみると、どの風量でも動かないみたいです。

一般的にどの風量でも動かないとなると、フューズ類の
電源系統が駄目か、ファンモーター本体が駄目・・・
または、アースが駄目ってのが多いのですが、どうも
どれも違うみたいです。

オートエアコンなので、テスターにて何かフォルトでも入って
いないかとチェックしてみますが、特にフォルトは入って
いません。

Img_3795

となると、やはり良く駄目になりがちなファンレジスター
って事になりますね。レジスター入る入力信号も正常
なのに動かないって事で、レジスター不良が決定ですねng

部品発注しますので、もう少々お待ち下さいませ・・・

Img_3791

代わってこちらの、パンダツインエアーは、ミッションオイルの
交換と、デュアロジックのオイル交換で入庫です。

ミッションオイルの交換は2回目です。

ミッションオイルを交換して、新油を入れるときに、デュアロジック
システムの遮熱板を外す作業が必要なので、ついでにデュア
ロジックオイルの交換はベストの作業です。

Img_3789

まだ、走行距離はトータルで2万キロですが、すでに真っ黒
です。

Img_3792

デュアロジックオイルも新品newに交換すると、作動がスムーズに
なると思います。

実際にこのパンダのオーナーさんからも高評価をいただきましたshine

一度も交換した事が無い、デュアロジックオーナーさんは
是非交換してみて下さいhappy01

|

より以前の記事一覧